楽天証券を利用するメリット、デメリットは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

rakutensec-merit

楽天グループである楽天証券は、ネット証券ではSBI証券と並ぶ大手で、利用されている方も多いです。

特に楽天スーパーポイントを貯めてる方にはおすすめですし、楽天銀行と連携させればマイナス金利時代の今では普通預金金利は3大メガバンクの100倍の金利です。

そんな楽天証券のメリット、デメリットを調べてみました。

手数料は普通

一時期SBI証券と手数料の値下げ合戦を繰り広げてましたが、今のところ落ち着いてる感じです。

新しい企業などに最安値を譲ってますが、バランスよく安値を保ってる感じです。
主要ネット証券の1注文の約定代金にかかる国内株式現物手数料(税抜き)は以下の通りです。

約定代金 SBI証券
スタンダードプラン
楽天証券
ワンショットコース
カブドットコム証券 マネックス証券
10万円 139円 139円 90円 100円
20万円 185円 185円 180円 180円
30万円 272円 341円 250円 250円
50万円 272円 341円 250円 450円
100万円 487円 609円 990円 1,500円
200万円 921円 1,152円 1,890円 3,000円
300万円 921円 1,152円 2,790円 4,500円

ま、これだけだとあまりメリットは見られませんね。

入金手数料が無料となる銀行

下記の銀行は「リアルタイム入金」に対応していて、入金手数料はです。

  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行(SMBCダイレクト)
  • 三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト)
  • みずほ銀行(みずほダイレクト)
  • ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 近畿大阪銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行

これだけ対応されていれば、あまり困ることはないですよね。

もちろん出金手数料は無料です。

楽天銀行の場合は当日中の出金も可能です。

普通預金の金利が100倍の0.1%に!

楽天銀行と楽天証券を連携させると普通預金金利が100倍の0.1%になります。

参考 楽天銀行のマネーブリッジで普通預金の金利を100倍に!

投資に回す前のお金や、生活資金のお金など流動性が高いお金も大手銀行に預けるよりはちょっと得しますね。

特に投資に回すお金は、意外に投資タイミングを見計らってると寝かしたままになってる場合があります。

本来その状態は良くないですが、無理に投資しても痛い目に合うだけですので、少しでも金利がつくところに預けておいて、いざというときにすぐに投資できるのはメリットがあります。

100倍の金利を貰うためには楽天銀行の口座開設が必要です!

>> 楽天銀行(公式サイト)

ハッピープログラムで楽天スーパーポイントを貯めよう!

あらかじめ楽天銀行とのマネーブリッジへの申し込みと、ハッピープログラムにエントリしていると、楽天証券での下記のような取引で楽天スーパーポイントや取引件数を獲得できます。

対象商品 獲得ポイント 取引件数 対象商品ごとの注意事項
国内株式
(現物買・現物売、PTS)
手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算 IPO、PO、立会外分売は対象外です。
国内株式
(信用新規、返済)
手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算 現引、現渡は対象外です。信用取引で付与されるポイント、取引件数については、返済(決済)時に、新規取引時の手数料を含めて一括して付与いたします。
米国株式 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算 米国株式の手数料は、国内約定日当日の当社所定の為替レートで円換算した金額で計算いたします。
中国株式 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算
投資信託 残高10万円ごとに4ポイント 公社債投信、MRF、MMF、外貨建てMMFは対象外です。
個人向け国債 買付金額3万円ごとに1ポイント 買付金額100万円ごとに1件に換算
楽天FX 10枚(10万通貨)ごとに1ポイント 100枚(100万通貨)ごとに1件に換算
日経225先物取引 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごとに1件に換算 日経225先物取引で付与されるポイント、取引件数は、決済時に、新規取引時の手数料を含めて一括して付与いたします。
日経225オプション 手数料100円ごとに1ポイント 手数料4,000円ごと1件に換算 SQ決済は、ポイント、取引件数付与の対象外となります。
カバードワラント 3万ワラントごとに1ポイント 120万ワラントごとに1件に換算 満期償還はポイント、取引件数付与の対象外となります。

これとは別に、投信積立サービス対象のファンドのうち、申込み手数料がかかるものは、投信積立サービスの手数料(税抜分)の1%をポイントバックされます。

基本ノーロード投信がおすすめですが、どうしても申し込み手数料がかかるものを買いたい場合はこのサービスを利用するとお得になりますね。

まとめ

楽天証券は総合的に取り扱ってる商品も多く、投資対象には困らないでしょう。

2015年8月1日にFXCMジャパン証券と経営統合し、FXにも力を入れています。

すでに他のネット証券とはFXでは一歩リードした格好ですが、専業会社に比べるとまだまだ見劣りする部分も多いかと思いますので、今後に期待したいです

楽天スーパーポイントを貯められる魅力はあるのですが、いかんせんごちゃごちゃしてるイメージがあります。

いろんなグループ会社との連携があるからだとは思いますが、もう少しわかりやすい体系にしてもらうといいですよね。

ただ、最近流行の低コストインデックスファンドでポイントがもらえるのは楽天証券だけです。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

低コストインデックスファンドで資産運用を始めようと考えている方は、楽天証券がおすすめです。

もちろん口座開設・維持費は無料なのでこちらから確認してみてください!

>>楽天証券(公式サイト)

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

楽天証券でおすすめの投資信託はこちら!

参考 楽天証券でおすすめの投資信託は?低コストファンドの購入ならここ!