楽天証券のマーケットスピードってどう?実質無料で利用できる?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

株式のトレードツールの草分け的存在で、いまだに人気が高いのが楽天証券のマーケットスピードです。

マーケットスピードを使いたいがために楽天証券に口座開設する方がいるほどの人気があり、多機能でありながら操作が簡単ということで初心者から中上級者まで幅広い人気を誇ってますが、実際のところ使いやすいのか、無料で利用するためにはどういう条件は満たす必要があるか確認してみました。

参考 楽天証券とは?という方は下記も参考にしてみてください。

⇒ 楽天証券を利用するメリット、デメリットは?

マーケットスピードの特徴って?

  • 投資判断の助けになる投資情報が無料で参照できる
  • リアルタイムランキング情報が参照できる
  • 20種類以上のテクニカルチャートが利用できる
  • 株式だけでなく他の金融商品も取引可能
  • ドラッグアンドドロップやワンクリックで注文可能

投資判断の助けになる投資情報が無料で参照できる

投資するにあたって株式を購入、売却する判断材料の一つに投資情報はかかせません。

マーケットスピードでは、通常8,000円かかる日経テレコンや書籍を購入すると約2,000円かかる会社四季報など本来有料の投資情報を無料で参照することができます

特に日経テレコンでは、下記のような情報を参照することができます。

  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)
  • 日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧

もちろんこれらの情報はiPhoneやAndroidといったスマホでも参照することができるので、ちょっとした空き時間にすぐに参照できるのはメリットですね。

リアルタイムランキング情報が参照できる

約30種類近いランキング情報をリアルタイムで参照することができ、例えば値上がり率上位銘柄、値下がり率上位銘柄、配当利回り上位銘柄などを参照することができます。

気になる銘柄があればここでダブルクリックして注文を出すこともできますし、もう少し詳細に調べてみたいなら該当銘柄を右クリックすることで四季報や個別チャート、関連するニュース検索などもスピーディーに行うことができます

20種類以上のテクニカルチャートが利用できる

株式の投資をする際に、ファンダメンタルだけでなくテクニカル分析を行って売買判断をされる方も多くいますが、テクニカル分析に利用できるテクニカルチャートが20種類以上利用することができます。

移動平均線やボリンジャーバンド、RSI、MACD、ストキャスティクスなど分析するために必要なほとんどのテクニカルチャートが揃ってます。

株式だけでなく他の金融商品も取引可能

マーケットスピードは国内株式の取引だけでなく下記の金融商品も同じツールで取引ができるので、複数のツールをインストールしたくない方や、複数のツールの使い方を覚えるのが面倒な方はマーケットスピード一つの使い方を覚えるだけで複数の金融商品を取引できるので便利です。

  • 米国株式
  • 為替
  • 日経225先物
  • オプション
  • 海外先物
  • カバードワラント

ドラッグアンドドロップやワンクリックで注文可能

マーケットスピードでは、ランキング情報を始め様々な個所で右クリックで注文をすることができますが、それ以外にも板情報からドラッグアンドドロップで注文できたり、

(引用元:楽天証券)

ワンクリックで注文できるので、スピィーディーな取引が可能となっています。

(引用元:楽天証券)

また、これらの機能はマイページという自分のオリジナル画面を作成して配置することも可能で、1ページに画面を最大4分割できる「分割表示」と、複数のウィンドウを最大10画面まで同時に表示できる「マルチ表示」(背景色がグレー)の2種類があります。

(引用元:楽天証券)

それぞれ25種類のマイページを作成・登録することができます。

マーケットスピードを無料で利用するには?

楽天証券のマーケットスピードは、通常利用期間3ヶ月で2,500円(税抜)必要となります。

ただし、下記の条件を満たす場合は無料で使えるのですが、条件のハードルは低く誰でも簡単に条件を満たすことができるので、是非とも条件クリアしておきたいところです。

  • 利用開始から3ヶ月
  • 楽天FX取引口座、信用取引口座、先物・オプション取引口座のいずれかの口座を開設済
  • 預かり資産残高が30万円以上
  • 過去3ヶ月に株取引(約定金額1,000円以上)がある※

※IPO、PO、立会外分売は対象外、米国・中国株式・カバードワラントは対象となる

資産残高が30万円未満であれば信用取引やFXなどの口座開設しておけばいいので、非常にハードルは低いです。

もちろんマーケットスピードを使わなくても無料でWEBブラウザでの取引もできますが、日経テレコンの情報が参照できなかったり、注文を始めとした全体的な操作性は、マーケットスピードの方が使いやすいです。

使い勝手に関しては好みもあるかもしれませんが、利用開始から3ヶ月はどなたでも無料で利用できるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

参考 楽天証券の口座開設・維持費はもちろん無料です。

>>  楽天証券 (公式サイト)

まとめ

株式取引のツールとして草分け的存在で、いまだに人気が高い楽天証券のマーケットスピードは、下記のような特徴があります。

  • 投資判断の助けになる投資情報が無料で参照できる
  • リアルタイムランキング情報が参照できる
  • 20種類以上のテクニカルチャートが利用できる
  • 株式だけでなく他の金融商品も取引可能
  • ドラッグアンドドロップやワンクリックで注文可能

これだけの機能を持ちながら、下記のように非常にハードルが低い条件を満たせば利用料が無料となるので、利用した方がお得です。

  • 利用開始から3ヶ月
  • 楽天FX取引口座、信用取引口座、先物・オプション取引口座のいずれかの口座を開設済
  • 預かり資産残高が30万円以上
  • 過去3ヶ月に株取引(約定金額1,000円以上)がある※

※IPO、PO、立会外分売は対象外、米国・中国株式・カバードワラントは対象となる

ただ、マーケットスピードは高機能だけあって、痒い所に手が届く設定ができ自分好みのツールとなってくれますが、初心者の方は詳細な設定をしなくても日経テレコンや四季報などの情報の参照や、簡単に株取引ができるので一度利用してみることをおすすめします。

もちろん、株式取引などを行えば楽天スーパーポイントがもらえ、楽天市場を始めとした楽天グループの各種サービスで利用できるので、楽天スーパーポイントを貯めてる方は金融取引でもこつこつポイントを貯めちゃいましょう。

ちなみに株式取引では「超割コース」を選択した場合、取引手数料の1%のポイントバックと、さらに楽天銀行とマネーブリッジで連携後(楽天銀行の普通預金金利が大手銀行の100倍の年率0.1%になるので必須!)にハッピープログラムを申し込むとさらに下記のようなポイントももらえます。

参考 楽天証券と楽天銀行の同時申し込みは こちら

楽天証券のマーケットスピードで有料級投資情報を無料で参照しよう!

楽天証券の口座開設・維持費はもちろん無料です!楽天銀行との同時口座開設もこちらから可能です。

>>  楽天証券 (公式サイト)