三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドってどう?

三井住友・DC日本株式インデックスファンドSから名称変更して、信託報酬も引き下げを行ったのが三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドです。TOPIX(配当込み)に連動する成果を目指した運用を行うとのことですが、ファンドの内容や過去の成績について確認してみました。

SBIソーシャルレンディングのキャンペーンはお得なのか?

SBIソーシャルレンディングは、ネット証券No1の口座数を誇るSBI証券のグループ会社ということもあり安心感があり、累計融資実行額は245億円を超え投資家として15,000人が登録している大手ソーシャルレンディング会社です。キャンペーンは不定期に行われていて、商品・現金・電子マネーなどと交換できるSBIポイントが貰えますが、果たしてお得といえるのか内容を確認してみました。

仮想通貨の取引所で金融庁の認可を受けたのは?これで安心?

ビットコインに代表される仮想通貨は、大手家電量販店のビックカメラや旅行代理店のH.I.S.でも利用できるようになり身近に利用できるようになってきましたが、主に取引所や販売所経由で購入するのが一般的です。仮想通貨の取引所は仮想通貨法により登録業者以外による仮想通貨の売買が禁止されていますが、どのような取引所が登録業者として認可されたのか確認してみました。

マネックス証券の米国株(アメリカ株)取引のメリット・デメリットって?

大手ネット証券で米国株の取り引きができるのはSBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社となりますが、一番米国株に力を入れてるように思えるのがマネックス証券です。米国株初心者の方から上級者の方までに対応したマネックス証券の米国株(アメリカ株)取引サービスのメリット・デメリットについて確認してみました。

ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)ってどう?過去の成績は?

ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)は中国に次ぐ世界第二位の人口、12.7億人を有する巨大市場インドの株式市場において利益の高い企業に分散投資ができる海外ETFです。息切れしている中国経済をしり目に高い経済成長率で成長性しているインドへ投資ができるウィズダムツリー・インド株収益ファンドの内容や過去の成績について確認してみました。

THEO(テオ)は投資未経験の方の評判が高い?運用実績はどのくらい?

THEO(テオ)はロボアドバイザーにより、資産運用のプロセスを自動で行ってくれる投資一任型サービスです。ロボアドバイザーによる資産運用サービスは各社から提供されていますが、THEO(テオ)は多くの投資初心者の方に選ばれています。THEO(テオ)はどのようなサービス内容で運用実績はどの程度なのか確認してみました。

朝日Nvestグローバルバリュー株オープンってどう?過去の成績は?

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー))は日本を除く世界各国の株式を投資対象とするアクティブファンドです。過去数々の受賞実績があり非常に高い評価を受けているファンドですが、実際どの程度の成績なのか、内容や利回りなどについて確認してみました。

おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表

先進国債券型インデックスファンドは世界の主要国の国債に分散投資ができる投資信託です。伝統的4資産の一つである海外債券(主に先進国債券)は、長年にわたり分散投資先の一部として利用されています。そんな先進国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

クラウドクレジットの満期実績は?リターンはどのくらいだった?

クラウドクレジットは総合商社大手の伊藤忠商事も出資するソーシャルレンディング会社で、1万円から海外投資ができ、高利回りが期待できます。その分リスクも比較的高めとなっていますが、過去にどのような案件が満期を迎えどの程度のリターンを得られたのか確認してみました。

iFree新興国債券インデックスってどう?過去の成績は?

iFree新興国債券インデックスは、低コストインデックスファンドで知られるiFreeシリーズで新興国債券市場に分散投資ができるファンドです。JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックスーエマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(円換算ベース)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りはどのくらいだったのか確認してみました。

おつり投資の「トラノコ」「マメタス」を比較!資産運用に使える?

日々の買い物で発生するおつりで資産運用できるサービスが「おつり投資」といわれるサービスで、資産運用というとある程度の資金が必要だと考えている方でも、気軽に投資ができるということで注目されているサービスです。おつり投資とはどういうサービスで、おつり投資ができる「トラノコ」と「マメタス」ではどのような違いがあるのか確認してみました。

SPDR S&P500 ETF(spy、1557)ってどう?世界最大ETFの利回りは?

米国の代表的な指標であるS&P500に連動し、世界最大の純資産残高を誇るETFがSPDR S&P500 ETF(spy、1557)です。純資産残高は約27兆円で1993年に米国で上場し20年以上運用されている世界で最も有名なETFです。東証には2011年に上場しているので国内ETFとして取引が可能ですが、どんなETFなのか内容を確認してみました。

グローバル・ロボティクス株式ファンドってどう?投資して大丈夫?

日本を含む世界各国の金融商品取引所に上場されているロボティクス関連企業の株式に投資が行えるのが、グローバル・ロボティクス株式ファンドです。ロボティクス市場は、少子高齢化が進む日本などではロボティクス技術を用いて介護や医療を始め様々な分野での導入が期待されています。今後の成長が期待されるロボティクス市場に投資を行うグローバル・ロボティクス株式ファンドの内容について確認してみました。

おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表

国内債券型インデックスファンドは主に国内の公社債に分散投資ができる投資信託です。国内債券型はリターンはあまり期待できませんが、他の資産クラスと逆の値動きとなりやすいため分散投資先の一部として利用されています。そんな国内債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

ニッセイ国内債券インデックスファンドってどう?過去の成績は?

ニッセイ国内債券インデックスファンドは、ニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズで日本国内の公社債に分散投資ができるファンドです。NOMURA-BPI総合の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどのくらいだったのか確認してみました。

FXのスプレッドとは?実質の取引手数料だけど狭ければいい?

FX会社のページに「米ドル円のスプレッド0.3銭」などと表記がされているスプレッドとはどういう意味でしょうか?また、スプレッドはFXを行う際の実質的な取引手数料となり、狭い・広いといった言い方をしますが、スプレッドは狭ければ低コストといえるのでしょうか?取引手数料が低コストであればリターンも向上するので、FXの基本知識であるスプレッドについて押さえておきましょう。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)ってどう?過去の成績は?

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearで2016年は3位と毎年個人投資家からの人気を集めているのがバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)。これ一本で全世界の株式市場に分散投資ができ、信託報酬が超低コストということで海外ETFという壁がありながら人気を集めているETFですが、実際どんな内容でどんな成績なのか確認してみました。

新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)ってどう?投資して大丈夫?

新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)は純資産残高1兆1000億円を超える国内トップクラスの規模の投資信託です。毎月分配型で米国のリート市場に分散投資ができるファンドで、過去にはモーニングスター社の選定するFund of the year 2015でREIT型部門優秀ファンド賞も受賞し外部機関からの評価も高いようですが、投資する価値があるのか内容について確認してみました。

おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表

新興国株式インデックスファンドは20ヵ国以上の新興国に分散投資ができる投資信託です。新興国株式は、政治や経済など不安な点も多くリスクは高めですが、中国やインドを筆頭に人口の増加が予想されていて、先進国より高い経済成長率が期待される資産クラスでもあります。そんな新興国株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。