あけましておめでとうございます!2016年をちょっと振り返り

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

みなさま、あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします!

昨年の2016年を振り返ってみると、年初からいきなりの世界同時株安に始まり日本ではマイナス金利の導入によって三大メガバンクがの普通預金金利が0.001%という状況になり、銀行に資産を預けておいても全く意味をなさない時代となりました。

海外では、英国の国民投票でEU離脱が決定し、米国次期大統領にトランプ氏が決定するサプライズが起きるなど様々なことがありました。

2016年をちょっと振り返り

2016年もいろいろありましたが、株式市場や為替はどのように動いたのかちょっと振り返りをしてみました。

株式市場

other-2017-new-year1

(引用元:Yahooファイナンス)

青が日経平均赤がNYダウ平均の2016年のチャートです。

日経平均は年初から下落し、一時戻しましたがマイナス金利の導入で大きく下落しました。

その後は横這いといった感じでしたが、11月からのトランプ相場で株価は上昇し年初より上昇となりました。

NYダウ平均は、年初下落しましたがその後は右肩上がりといった感じで、特にトランプ相場になってからは高値を更新し続けていて米国経済の強さを感じる1年といった感じです。

こういう相場だと、株式や投資信託など先進国に投資していれば、いつ買っても年末まで保有していればプラスになっていたのではないでしょうか。(もちろん個別銘柄ではマイナスとなっているのもありますが)

為替

other-2017-new-year2

(引用元:Yahooファイナンス)

青が米ドル円赤がユーロ円ミドルが豪ドル円の2016年のチャートです。

2016年は3通貨ペアの中では、比較的値動きが激しくなく、FXなどの取引では初心者向きといわれている米ドル円が上下に動いている幅が大きかった(ボラティリティーが高い)ようです。

ただ、為替は株式市場とは異なり、年初よりも値を上げることなく終了してしまいましたが、本来為替は右肩上がりとなる資産ではないのでこんなもんかなといった感じです。

こういう相場だとFXの自動売買やスワップ狙いでドルコスト平均法で積立てしてる方などは利益が出てる方は多かったのではないでしょうか。

参考 シストレ24のフルオートの評価!FXの自動売買はどこまで進む?

参考 FXでこつこつ利益を積み重ねて長期資産運用!トラリピの仕組みとは?

参考 FXの積立投資手法のスワップ投資って?毎日お小遣いが貰える?

ちなみにスワップ狙いの投資で高金利通貨として注目されている新興国の為替は下記のような感じでした。

other-2017-new-year3

(引用元:Yahooファイナンス)

青が米ドル円赤が南アフリカランド円ミドルがトルコリラ円の2016年のチャートです。

南アフリカランド円が年初に大きく下げたのですが、結局終わってみれば年初よりもだいぶ値を上げてます。

参考 南アフリカランド円のスワップ投資を安全運用した時の利回りは?

一方でトルコリラ円は右肩下がりとなっていて、年初と比べて-20%となっているのでスワップポイントが高金利でもここまで値が下がると、マイナスとなってしまいます。

参考 トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

2017年はどうなる?

2017年度は、まずは1月20日にトランプ大統領が誕生します。

いままではトランプ氏は米国の次期大統領に決定しただけで、まだ何の権力もありませんでしたが、ついにトランプ氏が世界最大の米国の大統領として動き出しますので、果たしてどんな手腕をみせるのかが注目され、言動一つで世界経済が振り回されることになりそうです。

トランプ氏は「米国第一」と言っているので、米国の経済がより強くなるような施策を打ち出す可能性は高そうですので、米国へ投資する方は増えそうですね。

参考 米国へ投資したい方は、米国株式に力を入れていて情報が充実しているマネックス証券は口座開設しておくのをおすすめします。

>> マネックス証券(公式サイト)

海外株式・ETFの実際の購入はSBI証券がコストが最も安いし、海外株式・ETFで唯一貸株ができるので取引するのはSBI証券がおすすめです。(マネックス証券も為替の手数料以外はコスト最安値なので、複数の口座開設が面倒ならそのまま取引しても大きくは損はしないと思いますが)

>>  SBI証券 (公式サイト)

ちょっと不透明なのが金利の方向性で、トランプ氏は輸出作業を活気づけるためにドル安を示唆していましたが、その一方でFRBの消極的な利上げも否定しているといった発言に矛盾が生じています。

現行FRBは金利上昇の方向性ですが、トランプ氏が大統領就任後その方向性が維持されるのか注目です。

他にも、ロシアとの関係改善が行われるのか、中国や日本との関係はどうなるのかなどいろいろ外交面も気になるところです。

米国以外でも英国とEUの離脱交渉の行方や中国経済など気になることはたくさんありますが、いつ株価などが暴落するような時が来ても相場から退場せずに運用を続けられるように資金管理だけはおろそかにせずにやっていきたいところです。

まとめ

2016年は株や投資信託、為替など年初から下落しましたが、年末に向けて上昇していたので比較的資産が増やしやすい相場だったのではないでしょうか。

2017年は、米国の次期大統領トランプ氏を中心として世界経済は動いていきそうで、今までの発言のうちどこまで実際の政策に移していくのか手腕が注目されます。

個人的には、中長期視点で世界経済は右肩上がりしていくのを信じインデックス投資をコアとしたコア・サテライト投資を行っていく方針は変えずにやっていきたいと思ってます。

参考 コアサテライト戦略とは?インデックス投資からステップアップ!

2017年もみなさんとしっかり資産を増やしていけるように頑張っていければと思いますので、内容について意味わからなかったり、不備があればどしどし突っ込んでいただければ幸いです。

今年も1年よろしくお願いいたします!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

フォローいただければ、最新記事をSNSでご確認いただけますよ。