株主優待におすすめの証券会社ってどこ?お得に獲得できるクロス取引って?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

netsec-kabu-yuutai-osusume

株式投資で人気の株主優待ですが、どの証券会社で取引するのがお得なのでしょうか?

株主優待だけは価格変動リスクを低減できる手法もあり、SBI証券などではHP上で紹介しているほど一般的になりつつあるのでマスターすればお得に株主優待を貰うことができます。

お得感満載の株主優待ですがどの証券会社で取引するのがお得なのか紹介したいと思います。

株主優待って?

株式は、その銘柄が指定する日(権利確定日)に株式を保有していた場合、配当金とともに株主優待を貰うことができます。

配当金と株主優待って?

配当金は、その会社が稼いだお金の一部を株主へ還元するものです。

ただ、配当金は会社毎にも異なりますし、その会社の業績によっては増配や減配などもありいつも一定というわけではありません。

株主優待は、株主に対して配当金以外の物として株を保有してくれてありがとうといった意味合いを込めて株主に送付されます。

株主優待の種類は本当に豊富で、自社サービスの優待券から金券や商品など様々な物がもらえ、日本独自のサービスとなっています。

最近はテレビ番組の「月曜から夜更かし」で取り上げられ、一気に人気者になった株主優待だけで生活する桐谷さんの影響か、株主優待狙いの投資手法が流行しています。

では、このような配当金や株主優待をなぜ実施するかといえば、会社にとっては、株主数を増やし特定の法人や個人が大量に株式を保有するのを防ぎ、買収から身を守るといった意味合いがあります。

投資する側からすれば、配当金や株主優待がどんどん魅力的になって行くのは大歓迎ですし、今では1,300銘柄以上が株主優待を実施していて過去最高となっていてまだまだ拡大傾向にある状況です。

配当金や株主優待を貰うには?

配当金や株主優待は、その銘柄が決めた権利確定日に保有している株式数に応じてもらえることができ、保有期間は関係ありません。(一部の銘柄は保有期間が長ければ長いほど優待内容が良くなるようなサービスを実施している会社もあります)

結局権利確定日に株式を保有していれば、配当金や株主優待を貰えるのですが、株式は購入した日から3営業日後に株主として記載されるため、権利確定日の3営業日前に株式を購入しなければならず、その日を権利付き最終日といいます。

netsec-kabu-yuutai-osusume1

(引用元:SBI証券)

権利確定日に株主名簿に名前がなければ、配当金や株主優待を貰うことができないので注意してください。

株主優待をお得に獲得するためにおすすめの証券会社って?

株主優待をお得に獲得するために必要な証券会社の条件は下記となります。

  • 売買手数料が安いこと
  • 一般信用取引でクロス取引(つなぎ売り)ができること
  • 株主優待情報が充実してること

売買手数料が安いこと

株主優待を貰うためには株式を購入しなければいけないので、売買手数料が安い証券会社を選ぶことは1つの条件となります。

ここで、大手証券会社のように高額な売買手数料を払っていては株主優待より割高となってしまって損をしてしまうので必ずネット証券を使いましょう

主要ネット証券の株式売買手数料は下記のとおりです。

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

10万円以下の場合、松井証券が無料とダントツの安さで、それ以上の場合はライブスター証券が全般的に売買手数料が安いです。

ただ、長期保有を前提とした場合、貸株で金利を得ることもでき、例えば10万円の銘柄で1%の貸株金利が付くと1,000円もらえるので、貸株を行ってる証券会社の方が結局お得となる場合が多いです。

貸株を実施しているネット証券は下記のとおりです。

参考 貸株とは?年率20%の金利が付く?でもデメリットには要注意!

一般信用取引でクロス取引(つなぎ売り)ができること

こちらは初心者の方がいきなり行うは難しいと思いますが、多少株式の売買に慣れてきたらチャレンジしてみてください。

株主優待は、一般信用取引を用いたクロス取引を行う手法を用いることによって価格リスクを低減させ合法的に取得することが可能です。(ただし配当金は、配当落調整金を支払う必要があるので実質プラスマイナス0となり貰うことはできません)

どういうことかというと、株主優待狙いの場合権利付き最終日に株式を購入したら翌日の権利落ち日には売却してしまう方が多いので株価が下落する傾向にあります。

売却時期を逃してしまうと、株主優待で得られる利益以上に株価が下落してしまうと結局損してしまう可能性があるので、株主優待をもらいつつこのような価格変動リスクを軽減する手法としてクロス取引という手法があります。

クロス取引とは、株の「現物買い」「信用売り」セットで注文し、権利落ち日以降に信用取引を「現渡」で決済する手法で、「一般信用取引」「制度信用取引」のどちらで信用売りを行うかがポイントになります。

制度信用取引の場合、逆日歩というコストが発生する可能性があり、株主優待で人気のある銘柄の場合この逆日歩のコストが増大して結局損だったなんてことがありますが、一般信用取引の場合は逆日歩が発生しないためクロス取引を行う場合は、一般信用取引ができる証券会社を選ぶ必要があります

一般信用取引が行えるネット証券は下記となります。

クロス取引の実際の流れは?

クロス取引の実際の流れは下記のようなイメージです。

  1. 権利付き最終日の前場か後場の寄付前までに「現物買い」「信用売り」を同株数、成り行きで注文する
  2. 権利付き最終日の15時まで保有し株主優待の権利を獲得!
  3. 権利付き最終日の翌日(権利落ち日)以降に「現渡」にて決済する

ポイントは1で寄付前に「現物買い」と「信用売り」の成行注文を出すことによって同じ株価で約定させることと、3で「現渡」することによって、現物売却手数料と信用決済手数料をかけずに決済させることです。

SBI証券の場合での取引方法については、下記を参考にしてみてください。

クロス取引に必要な一般信用取引の銘柄数って?

一般信用取引ができる銘柄数は下記のとおりです。

  • カブドットコム証券:約2200銘柄
  • 松井証券:約830銘柄
  • SBI証券:約440銘柄

銘柄数はカブドットコム証券が圧倒的に多く、後発のSBI証券はまだ銘柄数が少ない状況ですが、SBI証券のことですからカブドットコム証券に負けないくらいの銘柄数が取引できるようになるとは思いますね。

ただ、一般信用取引の売りの場合は在庫切れという場合があり、在庫切れの場合はクロス取引をすることができません。

そのため人気の株主優待銘柄などを狙う場合にはすべての口座を開設しておいて、リスクを回避する方法などもあります。

口座開設・維持費は無料ですのですべての口座開設だけはしておいて、在庫切れで買えないといったリスクを回避しておいたほうがいいでしょう。

参考 各証券会社の口座開設は以下から行えます。

クロス取引で実際にかかる費用って?

クロス取引では株価の変動リスクについては低減できますが、下記の手数料が必要となります。

  • 現物買い手数料
  • 信用新規売り建て手数料
  • 信用新規売り建て貸株料

一般信用取引ができる3社の上記のすべての手数料の比較は下記となります。クロス取引を前提としているので2日間のコストの目安です。

 10万円30万円50万円100万円
松井証券11円333円555円1,110円
カブドットコム証券212円/225円488円/527円796円/862円1,972円/2,104円
SBI証券 315円/326円533円/564円555円/607円1,024円/1,128円

※カブドットコム証券とSBI証券は、一般信用取引は長期と短期があるので、「長期の場合/短期の場合」という記載にしています。

30万円くらいまでなら松井証券が最安値で、それ以上はSBI証券が最安値となっています。

SBI証券の場合、具体的には以下のような手数料が必要となります。

netsec-kabu-yuutai-osusume2

そのため、株主優待の価値が上記の手数料等のトータルコストより大きくなる場合のみクロス取引手法を利用してください。

株主優待情報が充実してること

株主優待は1,300銘柄以上で実施していることもあり、探すのが大変ですので株主優待情報を簡単に探せるようなサービスがあることも重要です。

SBI証券だと、下記の様に一般使用取引対象銘柄についても簡単に検索することができます。

netsec-kabu-yuutai-osusume3

まとめ

株主優待を狙った投資が人気があり、企業側も株主優待を実施している企業数は1,300を超え増加傾向にあります。

商品券やお米など家計を助けてくれるものから、レジャーの割引券や食事券、自社商品の詰め合わせや自社サービスの割引券など様々な株主優待が実施されています。

株主優待を狙った投資をする場合におすすめの証券会社の条件は下記となります。

  • 売買手数料が安いこと
  • 一般信用取引でクロス取引(つなぎ売り)ができること
  • 株主優待情報が充実してること

長期保有する場合は、売買手数料だけでなく貸株でも利益を上げることができるのでデメリットを理解した上で利用し、トータルでお得な証券会社を選ぶのがポイントです。

参考 貸株とは?年率20%の金利が付く?でもデメリットには要注意!

また、長期保有はしたくないけど、株主優待が欲しい方はクロス取引を用いれば株価の価格変動リスクを低減させて株主優待だけを貰えるという手法もあります。

この場合、一般信用取引を行っている証券会社を選ばないと逆日歩というコストでかえってマイナスになることもあり得るので一般信用取引ができる証券会社を選ぶのがポイントとなります。

一般信用取引の売りは在庫切れとなる場合があるので、そのようなリスク回避のためにも下記の3社はすべて口座開設しておくことをおすすめします。

株主優待狙いなら長期保有もクロス取引もまずはSBI証券から!

貸株や一般信用取引の対象銘柄も多く、株主優待の情報検索も簡単にできるのでまずはSBI証券で口座開設して銘柄探ししてみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>  SBI証券 (公式サイト)

クロス取引で30万円以下の銘柄なら圧倒的にコストが最安なのが松井証券!

低額でクロス取引を行うなら松井証券が最もコストが最安で、特に10万円以下なら松井証券は外せません。

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> 松井証券(公式サイト)

圧倒的な銘柄数なので、上記2社で取り扱ってない銘柄はカブドットコム証券で!

一般信用取引の取り扱い銘柄数は圧倒的なので、上記2社で取り扱いがなければカブドットコム証券で。

口座開設・維持費は無料です。

>> カブドットコム証券(公式サイト)