証券会社やFX会社にマイナンバーを提出したら会社にばれる?注意点は?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

mynumber-securities-fx

マイナンバー制度が始まり証券会社やFX会社の口座開設時にマイナンバーの資料を提出するのが必須となりました。

マイナンバーの資料を提出したら投資をしていたり、投資で儲けた収益は会社に把握されてしまうのでしょうか?

実際にはマイナンバーを提出しても現時点では会社側は何も把握できませんが注意点もありますので解説したいと思います。

マイナンバー制度とはそもそも何?

マイナンバーは、住民票を有する全ての方が持つ1人にひとつの12桁の番号で、社会保障、税、災害対策の分野で分野横断的な番号を導入することにより、機関を跨いだ情報のやり取りで、同じ人の個人情報の特定・確認が確実かつ迅速にできるようになり、行政の効率化、国民の利便性の向上及び公平・公正な社会を実現します。

(引用元:内閣官房のホームページ)

結局メリットとしては下記のようなメリットが想定されます。

  • 手間や時間のかかる行政への手続きが早く簡単になる
  • 行政が持つ自分の情報(手当や年金、介護に関する情報など)を受け取ることができる
  • 災害後の被災者生活再建支援金などの給付が適切に行われる
  • 所得や行政サービスの需給状況を把握できるため、給付を不正に受け取ることの防止

一方デメリットも下記のようなことが想定されます。

  • 個人情報の流出
  • プライバシー(自分の病歴や貯蓄額など)が把握される

ただ、マイナンバーのみで本人認証をしないことになっていて、マイナンバーだけでなく顔写真付きの身分証明書を提示して初めて個人認証するように義務付けられています。

とはいえマイナンバーは生涯変わらない番号なので、極力他人に教えることは避ける必要があります。

当初マイナンバー制度は「社会保障」・「税」・「災害」のみ必要となるので、下記のような場合以外は極力提示するのは控えましょう。

mynumber-securities-fx1

またプライバシーの把握については、病歴についてマイナンバーが使われる予定はありませんし、預金口座に関しても義務化されていないので貯蓄額が知られることはありません。

ただ預金口座に関しては、政府は2021年までにマイナンバーの義務化を目指しているようなので、いつかは義務化されてしまうかもしれませんね。

証券会社やFX会社の口座開設時にマイナンバーを提出したら会社にばれる?

現在証券会社やFX会社に新規で口座開設するときにはマイナンバーが必要ですが、既に口座を持っている人も2018年末までには登録が必要となります。

証券会社は特定口座の税金計算・納付・各種支払調書の交付を税務署に行う必要がありますし、FX会社も各種支払調書を税務署に行う必要があるので、どちらも税金に関する手続きのために必要となります。

では今勤めている会社などに証券会社やFX会社の情報がばれるかというと、会社がマイナンバーを利用して個人の証券会社やFX会社の資産状況などを参照することができないため、会社にばれることはないです。

会社はあくまでマイナンバー付きで役所に書類を提出するためだけに必要となります。

投資収益など会社にばれないための注意点とは?

会社がマイナンバーを知っていても資産状況や投資収益はばれないのですが、マイナンバーに関係なく確定申告時の住民税の徴収方法によっては会社にばれてしまいます

会社に勤めている人の多くは、給料から住民税が天引きになっていてこれを「特別徴収」といいます。

確定申告時に「特別徴収」としてしまうと、給料に対する住民税+副業(株式+FXなど)に対する住民税となり、給与に対する住民税より多く払わないといけなくなるので、会社側にばれる可能性があります。

そのため、会社にばれたくない方は確定申告時に「住民税に関する事項」の納付方法を「普通徴収(自分で納付)」を選ぶようにしましょう。

これによって給与所得に対する住民税は今まで通り会社で処理され、確定申告で増えた所得分のみ住民税を納付することになるのでばれる心配はありません。(副業がアルバイトなど給与となる場合は意味がないので気を付けてください)

まとめ

副業禁止などの企業に勤めている場合、証券会社やFX会社を通して投資をしていることをばれたくない方もいると思います。

マイナンバー制度が始まり、勤めている会社にマイナンバーを提出したからと言って、投資における資産状況や収支状況などを会社は把握することができません。

ただマイナンバーとは関係なく、確定申告時の住民税の徴収方法によっては会社にばれてしまう可能性があります。

そのため、会社にばれたくない人は「普通徴収」を選択する必要があります

また、証券会社やFX会社に口座開設する際に必要なマイナンバーや本人確認書類の提出が必要ですが、個人番号カードを作成しておくと本人確認書類やマイナンバー確認がこれ1枚で済んでしまうので非常に便利です。

証券会社の口座開設が済んでないなら

2大証券のSBI証券か楽天証券なら失敗することは少ないです。もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説

>> 楽天証券詳細解説← おすすめ
(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

FXで資産運用するなら

FX会社で唯一自動で積立できるレバレッジ付き定期外貨取引はSBIFXトレードだけ!

  • 三大メガバンクに預けても0.001%の中、豪ドル円なら約2%の金利
  • 労働人口が減少している日本では円を持っていること自体リスクとなりえる
  • SBIFXトレードならレバレッジ1倍で米ドル円を100円から投資できる

今なら口座開設時にお試し取引ができるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

高い水準で固定化されたスワップポイント!FXでスワップ運用するならここは外せません!

  • 人気の豪ドル円やNZドル円は常に業界トップレベルのスワップポイント
  • 高金利通貨のトルコリラ円や南アフリカランドも取引できスワップポイントも高い
  • スプレッドもかなり狭い
  • 最大78万円のキャッシュバックなどキャンペーンが多い
  • JASDAQ上場企業で、平日24時間サポートと初心者の方にも安心
  • 3年連続オリコン顧客満足度1位とユーザからも高い支持を受けてます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)