カブドットコム証券を利用するメリット、デメリットは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

kabusec-merit

三菱UFJフィナンシャルグループの証券会社なので、4大ネット証券の中でも安全性は抜群ですね。

CMにSMAPのメンバー稲垣吾郎さんを起用したことで、一気に知名度が上がったのではないでしょうか?

そんなカブドットコム証券のメリット、デメリットを調べてみました。

稲垣吾郎さんを起用した本当の理由は?

「なぜ稲垣さんを採用したか」

同社が4月からイメージキャラクターとして採用した人気グループ、SMAPのメンバー稲垣吾郎さんを採用した意図について斎藤社長が語った。

まず、「人気、実力ともに日本を代表する俳優」(同社)である稲垣さんの採用で同社のブランイメージを高めること。

その後、「本当の理由」としてあげたのが、小泉純一郎内閣が平成17年の郵政選挙で勝利した後の株の高値が「17563(いながきごろうさん)」円だったから。

「安倍晋三政権のアベノミクスに小泉政権の時の高値を抜いてほしいという思いがある」。

(引用元:斎藤正勝カブドットコム証券社長 4月24日の決算会見

古い記事なのでご存知の方も多いとは思いますが、こんな理由があったんですね~。

目の付け所が面白いですね~。

なんと!4大ネット証券で手数料は最安値!

2015年11月4日から新手数料が発表され、下記を見てもらえばわかりますが、50万円までなら手数料が一番安いんですね~。

主要ネット証券の1注文の約定代金にかかる国内株式現物手数料(税抜き)は以下の通りです。

約定代金 SBI証券
スタンダードプラン
楽天証券
ワンショットコース
カブドットコム証券 マネックス証券
10万円 139円 139円 90円 100円
20万円 185円 185円 180円 180円
30万円 272円 341円 250円 250円
50万円 272円 341円 250円 450円
100万円 487円 609円 990円 1,500円
200万円 921円 1,152円 1,890円 3,000円
300万円 921円 1,152円 2,790円 4,500円

初心者の方にはうれしい手数料体系ですね。

入金手数料が無料となる銀行

通常は、振込元金融機関でかかる振込手数料がかかります。

下記のネット振込に対応した銀行なら、ネット上の入金操作で、この手数料は完全無料になります。

  • 三菱東京UFJ銀行(ネット振込EDI、リアルタイム口座振替)
  • じぶん銀行(じぶん銀行決済)
  • ゆうちょ銀行(連動振替決済サービス)

また自動引落でも、入金手数料が無料になる銀行があります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • スルガ銀行
  • 大垣共立銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

出金手数料が無料になるのは以下の銀行です。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 中京銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • 池田泉州銀行

100億円未満までは即日出金可能とのことです。

そんなに資産はないので、関係ないですけど・・。

それとあまりネット銀行との親和性は高くないですね。

カブドットコム証券を利用するなら、素直に三菱東京UFJ銀行を利用しましょう。

ETFの手数料が無料!

下記のETFの手数料が無料というサービスがあります。

数は少ないですが、主要なインデックスと連動しているのでコストの節約のために検討してもいいと思いますね。

ファンド名 ベンチマーク
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信 JPX日経インデックス400
MAXIS 日経225 上場投信 日経平均株価(日経225)
MAXIS トピックス上場投信 東証株価指数(TOPIX)
MAXIS トピックス・コア30上場投信 TOPIX Core 30
MAXIS S&P東海上場投信 S&P 日本地域別指数-東海-
MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 円換算したMSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)
SPDR® S&P500® ETF S&P500
国際のETF VIX短期先物指数 円換算した「S&P500 VIX短期先物指数(トータル・リターン指数)」
国際のETF VIX中期先物指数 円換算した「S&P500 VIX中期先物指数(トータル・リターン指数)」
ABF汎アジア債券インデックス・ファンド Markit iBoxx ABF汎アジア指数
MAXISトピックスリスクコントロール(5%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン5) TOPIXリスクコントロール指数(ボラティリティ5%)
MAXISトピックスリスクコントロール(10%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン10) TOPIXリスクコントロール指数(ボラティリティ10%)
MAXIS Jリート上場投信 東証REIT指数

若干日本よりな感じがするのと、マニアックなインデックスが多いイメージですね。

海外ものがもう少し充実するとうれしいかなと。

プチ株で500円から積立投資!

プチ株とは単位未満株での取り引きのことです。

通常株式の銘柄は売買単位が決まっていて、100株とか1000株単位での取引することになります。

ただ、ほしい銘柄を自分の予算を上回っていた場合購入できないわけですが、このプチ株を使えば、1株から購入できるんです!

SBI証券マネックス証券も同様のサービスがあるのですが、カブドットコム証券は500円から積立投資ができるんです。

さらに、買付代金は、銀行預貯金口座からの自動引落か証券口座からの引落で決済できますので、使い勝手の良さもいいですね。

株主優待はもらえませんが、配当金もちゃんと配分されます。

ただ、約定価格が以下のようになるのでリアルタイム取引ができるわけではないのが、デメリットかなと思います。

  • 00:01~10:00(当日後場始値)
  • 10:01~23:00(翌営業日前場始値)
  • 上記以外(翌営業日後場始値)

まとめ

三菱UFJフィナンシャルグループの安定性と他の4大証券に劣らない商品ラインアップをそろえています。

もちろん当サイトおすすめの「世界経済インデックスファンド」も購入可能です。

約定代金50万円までなら4大ネット証券で手数料が最安値だったり、プチ株で少額から株式投資ができたりと初心者の方にはお得な証券会社だと思います。

もちろん口座開設・維持費は無料なので特に三菱東京UFJ銀行をご利用の方はこちらから確認してみてください!

カブドットコム証券の口座開設申し込み