トラリピで3ヶ月で結果を出す戦略「トラリピ プロモデル」って?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

FXで為替相場の変動を利用してこつこつ利益を積み重ねるトラリピは、基本的には長期資産運用を目的としていますが、実際どんな感じで利益を積み重ね、どんな設定がいいのかがわからないのでなかなか運用を始められない方も多いと思います。

そんな方に3ヶ月で結果を出す「トラリピ プロモデル」が公開されているので、内容について確認してみました。

参考 トラリピについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXでこつこつ利益を積み重ねて長期資産運用!トラリピの仕組みとは?

トラリピ プロモデルとは?

プロモデルの戦略とは?

トラリピ プロモデルでは原則3ヶ月という期間を想定しながら、独自の分析ノウハウによって最適と推察されるトラリピの想定レンジや設定条件を算出し、売りと買い2つずつ、合計4つのトラリピを仕掛け、売り買いそれぞれにストップロスを設定します

トラリピ プロモデルでは3ヶ月ごとにポジションをすべて決済してトラリピの設定を変更することが前提となっています。

例えば、3月から始めたトラリピは3か月後の5月末にどんな損益状況となっていてもすべて決済し、翌6月からはその時に提示される設定を新たに仕掛けるといったイメージとなっています。

これは下記で説明するオプション市場の動向を分析した結果でプロモデルが提供されていることに依存しています。

また、トラリピ プロモデルは毎月提供されるので、いつでも好きなタイミングで始めることができますし、3ヶ月結と短期間で結果が出るようになっているので、そこで運用をやめてもいいし、継続して新たに設定し直してもいいので、トラリピ初心者の方でもどんな感じで利益を出せて、どのようなリスクがありそうかを提供された戦略を設定するだけで試すことができます

プロモデルの特徴とは?

  • トラリピ ハーフ&ハーフ戦略でトラリピでの資金効率を向上
  • 通貨オプション市場の動向から運用レンジとタイミングを推計
  • ストップロスを設定して損失リスクを限定

トラリピ ハーフ&ハーフ戦略でトラリピでの資金効率を向上

トラリピ ハーフ&ハーフとは想定レンジの上半分に売りトラリピを、下半分に買いトラリピを仕掛けるという戦略です。

マネースクウェア・ジャパンの両建てでは、同一通貨ペアの買いと売りの注文のうち、大きい方の証拠金しかかからないMax方式と呼ばれるシステムが取り入れられています。

そのため両建てして買いと売りのポジションが2倍になっても証拠金が2倍になることはないので資金効率が良い取引を行うことができます。

また、通常の両建てより発注する本数が半分となるので、仕掛けた範囲内の評価損を大きく削減することができます。

参考 ハーフ&ハーフについては下記も参考にしてみてください。

⇒ トラリピで両建て設定を行うのはどう?リスクや証拠金はどうなる?

通貨オプション市場の動向から運用レンジとタイミングを推計

トラリピ プロモデルは、「オプション市場の出来高およびリスクリバーサルなどからレンジ相場を発見し、トラリピの設定を独自の解析方法にて算出」というのが基本方針です。

オプションとは「権利」のことであり、オプション取引とは、将来の決められた期日(満期日)にあらかじめ決められた価格(権利行使価格)で対象となっている資産を買付ける、または売付ける「権利」を売買する取引です。

このオプションの価格であるプレミアムは、コール(買う権利)とプット(売る権利)で条件が等しい場合には理論上は同額になるはずですが、実際のオプション市場では、同額になることの方がまれで、それぞれのプレミアムにかい離(価格差)が生じていて、このかい離のことを「リスクリバーサル」と呼びます。

「リスクリバーサル」の値は買い(コール)や売り(プット)が集中すると大きくなるため、オプションの需給バランスを表す指標あり、市場参加者の相場観のコンセンサスとして捉えることができます。

「リスクリバーサル」が中立的な局面においては、市場全体の相場観が中立的、つまり(トラリピ向きの)レンジ相場であると考えることができ、「リスクリバーサル」の値が上下に著しく推移した場合は、市場全体がトレンドやリスクを認識していると捉え、「リスクリバーサル」の動向からトラリピの得意なレンジ相場を発見して、独自の解析方法にて算出をしています。

また、オプション市場の出来高が大きくないと市場参会者の相場観とならない可能性があるため、十分な出来高が見込める米ドルが絡む通貨ペアを対象としています。

このように、トラリピ プロモデルでは市場参加者の需給バランスを表す「リスクリバーサル」や、オプション市場で十分な出来高が見込める通貨を分析することによって、トラリピが有効に機能しそうなレンジ幅やトラップ本数などの具体的な数値を提示してくれているので、そのまま設定するだけで運用を開始することができます

参考 トラリピ プロモデルは無料の口座開設をすればだれでも無料で閲覧できます。

>> マネースクウェア・ジャパン(公式サイト)

ちなみに、トラリピで効果を上げるためには、行ったり来たりする値動き(いわゆるレンジ相場)の期間がある程度必要なこと、オプション市場の3ヵ月物で比較的安定的な出来高を見込めること、オプション市場の平均残存期間など、様々な項目を総合的に勘案した結果、3ヵ月という期間を設定しているようです。

ストップロスを設定して損失リスクを限定

トラリピは基本的には長期資産運用を目的としているので、ストップロスを設定せずに評価損を抱えながら運用するのが基本スタイルです。

ただ、トラリピ プロモデルは3ヵ月間と短期で結果を出すことを目標としているので、買いも売りもストップロスを設定し損失リスクを限定させています。

トラリピ プロモデルはどのくらい利益がだせる?

トラリピ プロモデルを1年間運用した場合どのくらいの利益を上げられるかは下記の様になっています。(バックテスト結果)

  • 投資額:200万円
  • 損失許容割合:30%
  • 運用期間:2016年3月1日~2017年2月28日(1年間)

ユーロ/米ドル

豪ドル/米ドル

トラリピ プロモデルはいくらから始められる?

トラリピ プロモデルの推奨する資金は200万円となっていますが、これは1注文当たり2,000通貨での計算です。

トラリピでは1,000通貨から取引ができるので、1,000通貨で取引すれば100万円あれば取引ができますし、4つのトラリピを仕掛ける設定となっていますが、コアレンジ売りと買いのレンジ幅は、ワイドレンジ売りと買いのレンジ幅でカバーしているので、コアレンジの売りと買いを設定しなければ50万円くらいから運用させることができます。

まとめ

FXで為替相場の変動を利用してこつこつ利益を積み重ねるトラリピは、基本的には長期資産運用を目的としていますが、トラリピ プロモデルでは3ヶ月という短期間で結果を出すことを目的としています。

プロモデルでは、売りと買い2つずつ合計4つのトラリピを仕掛け、3ヶ月ごとにポジションをすべて決済してトラリピの設定を変更することが前提となっていまがすが、プロモデルは毎月提供されるので、いつでも好きなタイミングで始めることができ下記のような特徴を持っています。

  • 通貨オプション市場の動向から運用レンジとタイミングを推計
  • トラリピ ハーフ&ハーフ戦略でトラリピでの資金効率を向上
  • ストップロスを設定して損失リスクを限定

プロモデルを利用した過去1年間のリターンは約20%前後と、まずまずの成績ではないでしょうか。

3ヶ月ごとに設定を変更するため、ほったらかし投資というわけではありませんが、すでに運用されている方ももう少しアクティブに利益を求めたいならこの設定をすぐに運用することができますし、トラリピ初心者の方もレンジ幅や仕掛ける本数、利益金額、ストップロスの設定を提示してくれるのでそのまま設定すればすぐに運用を開始することができます。

トラリピ プロモデルは口座開設すれば参照することができます

口座開設・維持費は無料ですし、トラリピ プロモデルを参照するのも無料です。

>> マネースクウェア・ジャパン(公式サイト)

参考 トラリピについては下記も参考にしてみてください。

⇒ トラリピで失敗しないためには?気を付けたい3つのポイントとは?

⇒ トラリピを始めるベストなタイミングって?でも一番重要なのは・・

⇒ トラリピのメリット・デメリットは?実際どのくらいの利益率になる?

⇒ トラリピ初心者でも勝てるようになる?フルサポートプログラムとは?

⇒ トラリピで両建て設定を行うのはどう?リスクや証拠金はどうなる?