FXのスプレッドとは?実質の取引手数料だけど狭ければいい?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

FX会社のページに「米ドル円のスプレッド0.3銭」などと表記がされているスプレッドとはどういう意味でしょうか?

また、スプレッドはFXを行う際の実質的な取引手数料となり、狭い・広いといった言い方をしますが、スプレッドは狭ければ低コストといえるのでしょうか?

取引手数料が低コストであればリターンも向上するので、FXの基本知識であるスプレッドについて押さえておきましょう。

FXのスプレッドとは?

スプレッドとは、「買う時のレート(ask)と売る時のレート(bid)の差」のことを言い、FXの取引画面では下記の様に表示されます。

上記の例だと「ask」と「bid」の差である0.003円(0.3銭)がスプレッドということになり、このように買いと売りのレートを表示することを「2Wayプライス」といい、スプレッドが一目でわかるようになっています。

FXの取引コストがスプレッド?

FXの取引をする際には下記のようなコストが存在します。

  • 口座管理手数料
  • 取引手数料
  • スプレッド

「口座管理手数料」「取引手数料」についてはほとんどのFX会社で無料となっているので、実質的な取引コストはスプレッドとなっています。

スプレッドは「買う時のレートと売る時のレートの差」であることから、「広い」「狭い」と表現され、FX業者によってスプレッドは異なりますがスプレッドが狭い方が取引コストが安いFX会社ということになります。

自動売買系のシステムを提供しているFX会社などは「スプレッド」以外に「取引手数料」が必要となる場合があります。

スプレッド0.3銭ってどのくらいのコスト?

スプレッド0.3銭とは、FXでは最低取引数量が1,000通貨もしくは10,000通貨となっているので、実質的な取引コストは「1,000通貨で3円」「10,000通貨で30円」といった感じになります。

3円や30円と低コストではありますが、スキャルピングのように1日に何度も取引をして細かい利幅を積み重ねるようなトレードスタイルの場合、10銭前後の利幅を狙うことが多いのでスプレッドが狭いFX会社で取引することは重要です。

スプレッドの単位は?

上記ではスプレッドの単位として「銭」としましたが、これは「米ドル/円」のように円が絡む場合(クロス円)は「銭」という単位を使うことが多いです。

FXでは円が絡まない「ユーロ/米ドル」のような通貨ペアも取引することができますが、このような通貨ペアの場合は「pips」という単位を使いますが、クロス円も1銭=1pipsとpipsで表現できます。

例えば下記はDMM FXのスプレッド一覧ですが、円が絡む通貨ペアは「銭」でそれ以外に通貨ペアは「pips」と表記されています。

(引用元:DMM FX

実際に取引するときには、例えば「米ドル/円=110.123円」「ユーロ/米ドルは1.12345」といった表示がされますが、円が絡む通貨ペアは少数第2位、その他の通貨ペアは小数第4位が1pipsとなります。

スプレッドは変動する?

スプレッドはFX業者によって異なり、多くのFX会社は「原則固定」となっていますが、相場状況によっては必ずしも固定とはなりません

特に、下記のような場合はスプレッドが広がることがあります。

  • 市場の流動性が低い時間帯(平日早朝や国内外の休日、クリスマス、年末年始など)
  • 市場急変時(自然災害や金融経済関連の大きなニュース)
  • 主要な経済指標の発表

スプレッドがどれほど広がっているかは「2Wayプライス」で一目で確認できるので、注意して取引するようにしましょう。

また、上記のようにスプレッドが広がるタイミングでは、FXの隠れコストとも言われる「スリッページ」も発生しやすく、不利な取引となってしまう可能性があるので注意が必要です。

スリッページとは?
注文した為替レートと約定した為替レートが異なること。投資家に有利なレートで約定することもあるが、不利なレートで約定することもある。

FX会社のスプレッド比較

スプレッドはFX会社によって異なりますが、主なFX会社の主要通貨ペアのスプレッドは下記の様になっていて、セントラル短資FX以外はすべて原則固定となっています。(2017年9月調査時点)

FX会社米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円ユーロ/米ドル取引単位
(米ドル円)
マネックスFX
(1万通貨まで)
0.2銭
0.5銭1.3銭0.5pips1,000通貨
SBIFXトレード
(1万通貨まで)
0.27銭0.69銭1.19銭0.48pips1通貨
みんなのFX0.3銭0.4銭1.0銭0.4pips1,000通貨
外為ジャパン0.3銭0.5銭1.0銭0.4pips1,000通貨
DMM FX0.3銭0.5銭1.0銭0.4pips10,000通貨
GMOクリック証券【FX】0.3銭0.5銭1.0銭0.4pips10,000通貨
ヒロセ通商【LION FX】※10.3銭0.5銭1.3銭0.4pips1,000通貨
FXプライムbyGMO※20.6銭1.3銭1.8銭1.0pips1,000通貨
FXダイレクトプラス※31.0銭2.0銭4.0銭0.8pips1,000通貨
外為オンライン1.0銭2.0銭3.0銭1.0pips1,000通貨
FXPLUS2.0銭4.0銭6.0銭3.0pips1,000通貨
※1:AM 8:00~翌日AM 2:00まで原則固定
※2:1万通貨未満の場合は取引手数料が3銭かかります
※3:原則固定ではありません

参考 豪ドル円、NZランド円、南アフリカランド円、トルコリラ円については下記も参考してみてください。

⇒ 豪ドル円のスワップ狙いの積立投資ってどう?金利が低下しうまみがない?

⇒ NZドル円のスワップ運用ってどう?中長期運用するなら一番の本命か?

⇒ 南アフリカランド円のスワップ投資を安全運用した時の利回りは?

⇒ トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

スプレッド配信率とは?

原則固定のスプレッドでも相場状況によってはスプレッドが広がることがありますが、一部のFX会社ではスプレッド配信率というものを公開しています。

スプレッド配信率は原則固定のスプレッドが配信された割合のことで、100%に近いほど原則固定のスプレッドが配信されていることになるので、スプレッドが広がる時間帯が少ないことを意味します。

主なFX会社の主要通貨ペアのスプレッド配信率は下記となっています。(2017年9月調査時点)

FX会社米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円ユーロ/米ドル
SBIFXトレード
(1万通貨以下)
100%100%100%100%
みんなのFX99.69%99.77%99.75%99.77%
ヒロセ通商【LION FX】※198.83%99.13%99.04%98.82%
外為ジャパン98.63%98.42%98.83%99.17%
DMM FX98.63%98.42%98.83%99.17%
FXダイレクトプラス98.12%98.53%98.27%98.05%
SBIFXトレード
(10,001~100,000通貨)
97.74%98.69%97.30%99.15%
マネックスFX95%以上95%以上95%以上95%以上
FXPLUS95%以上95%以上95%以上95%以上
GMOクリック証券【FX】非開示非開示非開示非開示
FXプライムbyGMO非開示非開示非開示非開示
外為オンライン非開示非開示非開示非開示
※1:AM 9:00~翌日AM 2:00の配信実績

SBIFXトレード

10,001通貨以上の取引をする場合はスプレッド配信率は落ちますが、10,000通貨以下の取引であれば100%の配信率となっているので、スプレッドが広がる心配はあまりなく安心して取引ができそうです。

今なら口座開設をすれば全員500円もらえるので、実際のFX取引を試してみることができます。

>> SBIFXトレード (公式サイト)

みんなのFX

みんなのFXは、総じてスプレッド配信率が高いようですが、固定スプレッドはAM 8:00~翌日AM 2:00まで原則固定となっているので、それ以外の時間帯ではスプレッドが広がる可能性はあると考えておいた方がいいでしょう。

>> みんなのFX(公式サイト)

ヒロセ通商

ヒロセ通商のスプレッド配信率は「AM 9:00~翌日AM 2:00の配信実績」のため、他のFX会社と単純に比較することはできず、スプレッド配信率が高いとも低いとも言えません。

特にスプレッド配信率の算出外となっている夜中や早朝はスプレッドが広がってる可能性は高そうなので、取引する際にはスプレッドは必ず確認した方がいいでしょう。

外為ジャパン・DMM FX

外為ジャパンとDMM FXのスプレッド配信率は比較的高く、スプレッドの広がりについてはあまり心配なく取引ができそうです。

外為ジャパンとDMM FXはスプレッド、スプレッド配信率ともに同じ数値となっていますが、外為ジャパンは1,000通貨から取引ができるのでより少額から投資ができます。

参考 外為ジャパンとDMM FXの違いについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外為ジャパンとDMM FXの違いとは?スプレッドやスワップが得なのは?

セントラル短資FX

セントラル短資FXの「FXダイレクトプラス」もスプレッド配信率は高い数値となっていますが、スプレッドは原則固定とはうたっていません。

スプレッドも広めなので短期売買用のFX会社としてはあまり向いてませんが、スワップポイントが高めなのでスワップポイント狙いの長期投資に向いています。

参考 セントラル短資FXの評判は?口座開設するメリット・デメリットは?

マネックスFX・FX PLUS

マネックスFXとFX PLUSはスプレッド配信率の詳細は開示されてませんが、どの通貨も95%以上という表記となっています。

FX PLUSはFXの自動売買ツールを提供していてスプレッドも広いので、短期売買を行うならマネックスFXの方が向いています。

参考 マネックスFXとFX PLUSの違いについては下記も参考にしてみてください。

マネックスFXとFX PLUSの違いは何?お得に取引できるのは?

まとめ

スプレッドとは、「買う時のレート(ask)と売る時のレート(bid)の差」を言いFX取引における実質的な取引コストとなっています。

米ドル円でスプレッド0.3銭だと実質的な取引コストは「1,000通貨で3円」「10,000通貨で30円」と低コストのよう思えますが、短期売買で1日に何回も取引をするのであればやはり少しでもスプレッドが狭いFX会社で取引することでリターンは変わってきます。

スプレッドは多くのFX会社で原則固定となっていますが、相場状況によってはスプレッドが広がることがあるのでスプレッド配信率も注目してみてください。

1万通貨以下の取引がメインならSBIFXトレード!

1万通貨以下の取引がメインであればSBIFXトレードがスプレッド配信率100%なので安心して取引ができます。

今なら口座開設すればFX取引がお試しできるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード (公式サイト)

それ以上の取引をするならこちら!

それ以上の取引をする場合は、外為ジャパンとDMM FX、夜中や早朝は取引しないのであればみんなのFXがスプレッドも狭くスプレッド配信率も高く安心して取引ができそうです。

>> 外為ジャパン(公式サイト)

>> DMM FX(公式サイト)

>> みんなのFX(公式サイト)