SBIFXトレードとSBI証券の違いは?FX投資をするならどっちがお得?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

fx-sbifx-diff-sbi

外貨預金の代わりのサービスとなるレバレッジ付き定期外貨取引を展開しているSBIFXトレードはSBIグループのFX専業会社です。

ネット証券大手の一角であるSBI証券自体でもFX取引ができるので紛らわしいですよね。

ここでは同じSBIグループのSBIFXトレードとSBI証券のFX取引の違いについて説明し外貨投資するならどちらがお得が確認したいと思います。

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

SBIFXトレードとSBI証券でのFX取引の違い

SBIFXトレードはSBIグループのFX専業会社なので、FX取引のみ行えます。

SBI証券はネット証券として株式や投資信託、債券、FXなど様々な金融商品を取り扱っていて、FXはSBI FX αというサービス名でFX取引が可能です。

ここではFX取引に特化してどのような違いあるのか確認してみたいと思います。

  • 取引通貨ペア
  • 取引単位
  • スプレッド(取引手数料)
  • スワップ(金利)

取引単位

SBIFXトレードは、業界でもここだけ1通貨単位での取引ができます。

例えば米ドル円などでは、1ドルから取引ができるということで、約5円から米ドル円の投資をすることができます

SBI証券では通常取引では1万通貨単位での取引となりますので、米ドル円の場合約50,000円くらいの投資金額が必要です。

通貨ペアを限定すれば1,000通貨単位でのミニ取引も行うことができ、米ドル円の場合は約5,000円から取引ができます。

どちらの会社もレバレッジ25倍で計算しているので、実際に取引する際には余裕を持った資金で取引してください。

取引単位

SBIFXトレードでは12通貨ペアの取引ができますが、SBI証券では通常取引(10,000通貨)では20通貨ペアの取引ができます。

SBI証券のみ取引ができる通貨ペアは下記となります。スワップ投資で人気のトルコリラ/円が取引することができます。

  • 香港ドル / 円
  • 韓国ウォン / 円
  • シンガポールドル / 円
  • メキシコペソ / 円
  • ノルウェークローネ / 円
  • スウェーデンクローナ / 円
  • ポーランドズロチ / 円
  • トルコリラ / 円

参考 新興国への投資はリスクが高いので初心者の方は避けるのが無難ですのでこちらも参考にしてみてください。

FXのドルコスト平均法は有効?長期資産運用は可能か?

ちなみに1,000通貨取引が可能なミニ取引で可能な通貨ペアは下記となります。この通貨ペアなら初心者の方なら十分ですね。

  • 米ドル / 円
  • ユーロ / 円
  • ポンド / 円
  • 豪ドル / 円
  • NZドル / 円
  • 南アフリカランド / 円

スプレッド(取引手数料)

主要通貨ペアのスプレッドを比較してみましょう。

SBIFXトレード SBI証券
米ドル / 円 0.27銭 0.5銭
ユーロ / 円 0.69銭 1.6銭
ポンド / 円 1.19銭 2.8銭
豪ドル / 円 0.77銭 1.8~2.2銭
NZドル / 円 1.79銭 3.8銭
南アフリカランド / 円 0.99銭 3.8銭

※SBIFXトレードは1回の取引が1万通貨まで

スプレッドはSBIFXトレードの方が圧倒的に安いですね。

SBI証券も徐々に下げては来ているのですが、まだまだSBIFXトレードとの差は縮まってはいないです。

スワップ(金利)

SBI証券は通常取引の方がスワップが有利なため、10,000通貨の場合で比較してみます。

SBIFXトレード SBI証券(通常取引)
米ドル / 円 33 30
ユーロ / 円 -39 -45
ポンド / 円 51 42
豪ドル / 円 120 114
NZドル / 円 132 123
南アフリカランド / 円 390 360

※2016年4月30日適用分で3日分となっています

スワップもSBIFXトレードの方が有利な条件となっていますね。

各会社の独自サービス

それぞれの会社にしかない独自サービスがあるので、どのようなサービスがあるのか確認してみましょう

SBIFXトレード

なんといってもレバレッジ付き定期外貨取引はSBIFXトレードのみのサービスです。

このサービスによって自動で外貨をドルコスト平均法で取引することができるので、今までスワップ金利を得るために手動でドルコスト平均法を実施していた方は、手間なく投資ができますね。

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

スプレッドが高いのが難点ですが、自動取引分の手数料と思えば仕方ない出費ととらえられますね。

参考 レバレッジ付き定期外貨取引と通常のFX取引と比較!お得なのは?

参考 今すぐSBIFXトレードに詳細を確認したい方はこちら!

>> SBIFXトレード (公式サイト)

SBI証券

現金0円でFXに投資が可能な「株券担保サービス」というサービスを行っています。

これはどういうサービスかというと、国内上場株式を担保に前日基準値の60%をFXの取引に利用することができるサービスです。もちろんこれを利用しても配当金や株主優待は受け取ることができます。

例えば、50万円分の株式を保有している場合、50万円×60%=30万円までFX取引に利用することができるので、元手が50万円で株式とFXまで取引ができるというサービスです。

ただ、株式の前日基準値で計算されるので暴落してしまうと追加入金が必要になるということが起こり得るので注意が必要です。

また、FX分析ツールが無料で利用でき、初心者にはうれしい過去の値動きから将来の予測の値動きをする形状予測チャート、どのニュースや経済指標に反応してマーケットが変動したかを確認する機能なども情報分析ツールで確認できます。

情報分析ツールではSBI証券の方が一歩優れてる感じですね。

参考 今すぐSBI証券の詳細を確認した方はこちら!

>>  SBI証券 (公式サイト)

まとめ

SBIFXトレードとSBI証券の違いを確認しましたが、SBIFXトレードは取引単位、スプレッド(手数料)、スワップ(金利)の面で優れています

特にFX初心者の方は取引単位が小さいSBIFXなら低額からFX投資を体験することができるので、取引に慣れるという点でハードルが低く取引ができます。

ただ、SBI証券ですでに投資を始めていて、一元管理をしたいといった目的や、保有している株を有効に利用したい場合にはSBI証券でFX取引することも検討してみてください。

追加で現金が必要ないので、すぐにでもFX取引ができます。ただ最低でも1,000通貨からとなるので資金は余裕を持つようにしましょう。

SBI証券は情報分析ツールがあるので、とりあえず口座開設してそのツールで分析してSBIFXトレードで実際の取引をするという使い方は有効ですね。口座開設、維持費もかかりませんし、情報分析ツールも口座開設していれば無料で利用できますし。

SBI証券の株券担保サービスや情報分析ツールを無料で利用したい方はSBI証券の口座開設を!

口座開設、維持費、情報分析ツールの利用は無料です。

>>  SBI証券 (公式サイト)

手数料や金利を有利にFX取引したい方はSBIFXトレードも口座開設しよう!

口座開設、維持費は無料ですし、今なら500円のお試し資金ももらえます。

>> SBIFXトレード (公式サイト)