外貨預金の金利が利上げ!おすすめ通貨はドル円、豪ドル?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

fx-osusume-usdaud

三大メガバンクやゆうちょ銀行が普通預金金利をを0.02%から0.001%に引き下げる中、みずほ銀行は外貨定期預金は、米ドル建てを0.2~0.45%、豪ドル建ては一律0.15%利上げすることを発表しました。

普通預金金利は3大メガバンクが金利を引き下げたことにより、利上げされた外貨預金や外貨定期預金に預けようと思ってる方も多いかもしれませんが、どの通貨に投資すべきでしょうか?

普通預金金利は過去最低!

日銀のマイナス金利の導入決定後、三大メガバンク、ゆうちょ銀行と大手行はすべて普通預金金利を0.02%から過去最低に並ぶ0.001%まで引き下げられました。

普通預金金利0.001%とは100万円を1年預けると利息は10円というレベルです。

三大メガバンクやゆうちょ銀行に預けておくお金はもったいないので、少しでも金利のいいところに預けたいですよね。

外貨預金や外貨定期預金のキャンペーンやってるけどどう?

最近銀行などで外貨預金や外貨定期預金のキャンペーンをやっていて、国内ではありえないほどの金利が提示されているので気になってる方も多いのでは?

でも銀行での外貨預金は下記の4つのポイントからお勧めできません。

  • 元本保証ではない(円ベースでは)
  • 為替手数料が高い
  • 金利も金融機関に取られている
  • ペイオフの対象ではない

参考 外貨預金をおすすめできない4つのポイント!高金利に騙されるな!

外貨預金は預金という名前がついてるので勘違いされやすいですが、外貨ベースでは元本保証ですが、円ベースでは元本は保証されていませんし、ペイオフの対象外です。

銀行の外貨預金や外貨定期預金では、為替手数料は高いですし金利も抑えられています。

そんななか、外貨の高金利を得られる方法は、FXを利用して外貨預金をする方法で、FXではレバレッジ1倍で取引することによって外貨預金と同じリスクで取引することができます。

参考 外貨預金・外貨MMF・FXを8つのポイントで比較!結局どれがおすすめ?

FXは怖いと思ってる方もいるかもしれませんが、FXの最大の特徴であるレバレッジは預けているお金の25倍までの取引ができるので、レバレッジを上げれば上げるほどハイリスクとなりギャンブル的な取引ができるのですが、レバレッジを低くすればそれだけリスクを減らすことができます。

しかも、FXを利用すれば為替手数料は銀行の約1/100で取引ができますし、金利も約4倍となります。

FXはペイオフ対象ではありませんが、信託保全によってもしFX会社が破たんしても投資家の資産は全額保護されることになっています。

デメリットとすれば、外貨ベースでも元本は保証されていません。

ただ、これは外貨預金でも結局円高となれば元本は保証されませんので、リスクは同じということになります。

また、一括投資ではなくドルコスト平均法により積立てれば、リスクを軽減させることができるので下記も参考にしてみてください。

参考 FXのドルコスト平均法は有効?長期資産運用は可能か?

ドルコスト平均法でFXでも外貨預金のように自動で積立投資ができるサービスが登場しましたので、こちらを利用すると利便性は上がりますね。

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

おすすめの通貨はドル円?豪ドル?

では、外貨の高金利を得たい場合どの通貨に投資するのがいいでしょうか?

取引できるメジャー通貨と高金利通貨は下記のような通貨が投資対象になります。

  • ドル
  • ユーロ
  • ポンド
  • 豪ドル(オーストラリアドル)
  • NZドル(ニュージーランドドル)
  • 南アフリカランド
  • トルコリラ

それぞれどんな特徴があるか見ていきましょう。

ドル

政策金利は0.5%です。(2016年6月)国の信用格付けはAaaです。(ムーディーズ)

世界の基軸通貨として流動性が高いため、他の通貨と比べて急変が起きにくい通貨です。

2015年12月に金利を上げて、これからも金利が上がる傾向にあります。

ユーロ

政策金利は0.00%です。(2016年6月)

世界の流通量はドルに続く第2位ですが、政策金利が低く信用不安が解消されないので長期的な投資には向かないです。

信用不安が解消されれば、為替レートの回復は期待できますがまだ先が見えない状況ですね。

ポンド

政策金利は0.50%です。(2016年6月)国の信用格付けはAa1です。(ムーディーズ)

ユーロと比べて流通量が少ないことから値動きが激しく、長期投資よりは超短期投資(スキャルピング)で人気が高い通貨で為替差益狙いの対象になりやすい通貨です。

金利も低いですし、長期投資で金利狙いの通貨としてはあまり適してはいないです。

豪ドル(オーストラリアドル)

政策金利は1.75%です。(2016年6月)国の信用格付けはAaaです。(ムーディーズ)

高金利追加として人気が高い豪ドルですが、最近政策金利が低下気味です。

資源通貨とも呼ばれ、鉄鉱石、石炭、原油などの鉱物資源が豊富で、鉱物・エネルギーの価格変動に影響を受けやすい通貨です。

参考 豪ドル円のスワップ狙いの積立投資ってどう?金利が低下しうまみがない?

NZドル(ニュージーランドドル)

政策金利は2.25%です。(2016年6月)国の信用格付けはAaaです。(ムーディーズ)

豪ドルと同じく高金利の代表格。NZドル円相場は豪ドル円相場と似たような値動きをするケースも多いです。

オーストラリアとは違って農業国のニュージーランドでは、食糧価格に連動する傾向が見られます。

南アフリカランド円

政策金利は7.00%です。(2016年6月)国の信用格付けはBaa2です。(ムーディーズ)

新興国である南アフリカは高金利通貨として人気が高い通貨です。

ただし、流通量が少ないため変動率が高く、政治、経済ともに不安定なため、取引するにはリスクが高い通貨です。

参考 南アフリカランド円のスワップ投資を安全運用した時の利回りは?

トルコリラ

政策金利は7.50%です。(2016年6月)国の信用格付けはBa1です。(ムーディーズ)

南アフリカと並んで高金利通貨として人気が高い通貨です。

ただし南アフリカランド同様、流通量が少ないため変動率が高く、経済、地政学などリスクが高い通貨なので初心者の方にはおすすめできません。

参考 トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

おすすめの通貨は?

長期投資という観点では、国の信用格付けが高い豪ドルやNZドルがおすすめで、ほかの信用格付けが高い国と比較すると高金利です。

豪ドルの方が若干金利は低いですが、流通量も多く経済も大きいので安全なのは豪ドルです。

また、関係が低い複数の通貨に分散投資するという方法もあり、この場合メジャー通貨とマイナー通貨から1つずつ選ぶのをおすすめします。

例えば以下のような通貨です。

  • 米ドル円と豪ドル円
  • 米ドル円とNZドル円

安定性・将来性の米ドルと高金利狙いの豪ドル、NZドルでの分散投資戦略です。

南アフリカやトルコのような超高金利通貨に投資したくなるところですが、レートはかなり激しく動きますので、初心者の方は手を出さない方が無難です。

参考 アメリカ、オーストラリア、南アフリカについてもう少し詳細を確認したい方は下記の記事も参考にしてみてください。

⇒ FXのドルコスト平均法は有効?長期資産運用は可能か?

まとめ

国内三大メガバンクやゆうちょ銀行の普通預金金利の大幅な値下げによって、外貨への投資は魅力を増してきました。

外貨投資で高金利の恩恵を受けるには、中長期的な投資となるため国の格付けが高く、金利も比較的高い豪ドルかNZドルがおすすめです。

通貨も分散投資することによってリスクが軽減され、分散投資するのにおすすめなのは下記の通貨です。

  • 米ドル円と豪ドル円
  • 米ドル円とNZドル円

ただ、銀行で扱っている外貨預金や外貨定期預金は投資家にとっては不利な条件で取引をすることになりますので、外貨投資を行うなら外貨預金とリスクがほとんど変わらないレバレッジ1倍でFXを利用した外貨投資をおすすめします

また、レバレッジ1倍でFXでも外貨預金のように自動積立ができるサービスが登場しましたので、こちらを利用すると利便性は上がります。

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

レバレッジ付き定期外貨取引はSBIFXトレードだけのサービスです!

  • 三大メガバンクに預けても0.001%の中、豪ドル円なら約2%の金利
  • 労働人口が減少している日本では円を持っていること自体リスクとなりえる
  • SBIFXトレードならレバレッジ1倍で米ドル円を120円から投資できる

今なら口座開設時にお試し取引ができるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)