FXプライムbyGMOとGMOクリック証券の違いって?スプレッドやスワップは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

GMOクリック証券はCMなども流れているので知名度も高いと思いますが、FXプライムbyGMOは露出が少ないので知名度という点では劣りますが、ともにGMOグループでFX取引ができる会社です。

それぞれのサービスの違いやスプレッドやスワップポイントなどについて確認し、FXをするならどちらがお得なのか確認してみました。

FXプライムbyGMOとGMOクリック証券の概要

FXプライムbyGMOとGMOクリック証券は、JASDAQ上場のGMOクリックホールディングスの子会社で、東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社です。

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは、2003年に伊藤忠商事の子会社として設立され、2012年に親会社が伊藤忠商事からGMOクリックホールディングス及びGMOインターネットに変更され、2015年にGMOクリックホールディングスの完全子会社となったFX専業会社です。

FXのサービスとしては下記の3つのサービスを提供しています。

  • 選べる外貨(通常のFX取引)
  • 選べる外為オプション(バイナリーオプション)
  • ちょいトレFX(システムトレード)

参考 FXプライムbyGMOは初心者の評判が高い?選ばれてる理由は?

GMOクリック証券

GMOクリック証券はFX以外にも下記の様に幅広い金融商品を取り扱っていて、FXは店頭FXである「FXネオ」と取引所FXである「くりっく365」を取り扱っています。

  • 株式
  • 投資信託
  • 外国債券
  • 先物・オプション
  • バイナリーオプション
  • CFD
  • maneo(ソーシャルレンディング)

特に「FXネオ」は安い手数料と使いやすい取引ツールを武器に、FX取引高5年連続世界第一位のサービスとなっています。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月〜2016年12月)

FXプライムbyGMOとGMOクリック証券のFX取引の違い

下記ではFXプライムbyGMOの「選べる外貨」、GMOクリック証券の「FXネオ」でどのような違いがあるのか確認してみたいと思います。

  • 取引単位
  • 取引通貨ペア
  • スプレッド
  • スワップポイント
  • ロスカットルール
  • 入出金

取引単位

取引単位は、FXプライムbyGMOは1千通貨から、GMOクリック証券は1万通貨からとFXプライムbyGMOの方が少額からの取引が可能となっています。

例えば米ドル円(米ドル円が100円と仮定)に投資したい場合、FXプライムbyGMOは4千円から投資できるのに対し、GMOクリック証券では4万円からとなるので、少額から投資したい場合はFXプライムbyGMOの方が有利となります。

取引通貨ペア

取引通貨ペアはGMOクリック証券が19通貨ペアに対して、FXプライムbyGMOは18通貨ペアなので、GMOクリック証券の方がちょっと多いです。

下記の様に一部の通貨でどちらかしか扱ってない通貨ペアがあります。

 GMOクリック証券FXプライムbyGMO
米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダドル/円
スイスフラン/円
トルコリラ/円
南アフリカランド/円
シンガポールドル/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
NZドル/米ドル
ユーロ/ポンド
ユーロ/豪ドル
ポンド/豪ドル
ユーロ/スイスフラン
ポンド/スイスフラン
米ドル/スイスフラン

スプレッド

主要通貨ペアのスプレッドは下記の様になっています。

FXプライムbyGMO GMOクリック証券
米ドル/円 0.6銭 0.3銭
ユーロ/円 1.3銭 0.6銭
ポンド/円 1.8銭 1.1銭
豪ドル/円 1.3銭 0.7銭
NZドル/円 2.0銭 1.4銭
南アフリカランド/円 3.0銭 1.4銭
トルコリラ/円 8.0銭 3.7銭

※2017年7月
※両社ともに当該スプレッドはすべて原則固定で提供

上記の様に全体的にGMOクリック証券の方がスプレッドが狭く有利な条件となっていて、GMOクリック証券は取引手数料はかかりませんが、FXプライムbyGMOは1万通貨未満の取引の場合は、1通貨当たり3銭(片道)必要となります。

ただ、FXには注文したレートと約定したレートとのずれが生じる「スリッページ」と呼ばれる隠れコストが発生する場合があります。

2013年の情報とちょっと古いですが、矢野経済研究所の「有力FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」において、「約定率100%、並びにスリッページ無し」が数値的に実証されています。

参考 FX プライムの実質スプレッドの競争力(約定率100%、しかもスリッページ無し)が、矢野経済研究所の調査によって数値的に実証されました。

2016年2月の実績でも約定率100%となっており、スリッページも発生しにくい状況を維持していると考えられ、しかも9年間サーバダウンがないとのことなので、スリッページや約定拒否の可能性が低く、システムの安定性という面ではFXプライムbyGMOの方が有利と考えられます。

スワップポイント

主要通貨ペアのスワップポイントは下記の様になっています。

FXプライムbyGMO GMOクリック証券
米ドル/円 40 49
ユーロ/円 ー13 ー4
ポンド/円 15 20
豪ドル/円 38 50
NZドル/円 38 48
南アフリカランド/円 13 18
トルコリラ/円 105 105

※2017年7月7日適用分

上記の様にGMOクリック証券の方が概ねスワップポイントが高い状況となっていますが、トルコリラ円に関しては同じ条件となっています。

ロスカットルール

両会社ともにロスカットルールは証拠金維持率が50%を下回った場合となっていますが、GMOクリック証券はロスカットされると自動ロスカット手数料が発生します。(1万通貨単位あたり税込500円。但し、南アフリカランドは、10万通貨単位あたり税込500円)

ロスカットされただけでも心理的ダメージも大きいですが、さらに手数料も引かれてしまうのでロスカットされないよう資金管理を行うことは重要です。

入出金

両方の会社ともに即時入金サービスに対応していて、手数料は無料となっていて、出金も手数料は無料です。

即時入金サービスに対応している金融機関は下記となっています。

FXプライムbyGMO GMOクリック証券
東京三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな・埼玉りそな銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
イオン銀行
セブン銀行

GMOクリック証券は、普通預金金利が0.10%と最高値レベルであるイオン銀行と楽天銀行を利用できます。

参考 イオン銀行の普通預金金利は三大メガバンクのなんと100倍!

参考 楽天銀行のマネーブリッジで普通預金の金利を100倍に!

その他

FXプライムbyGMOはGMOクリック証券では提供していない下記のようなサービスがあります。

  • 為替のプロが提供する豊富なマーケット情報
  • チャットで講師と会話できる無料オンラインセミナー
  • 為替の未来予測ができる「ぱっと見テクニカル」が利用できる

参考 FXプライムbyGMOは初心者の評判が高い?選ばれてる理由は?

特に初心者の方にはFXの基本知識からチャート分析までFXで勝てるようになるための情報が提供されているので、口座開設しておいて損はない会社です。

まとめ

FXプライムbyGMOとGMOクリック証券は、JASDAQ上場のGMOクリックホールディングスの子会社で、東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社ということで信頼性は高い会社です。

両会社ともにFXの取引ができますが、違いとしては下記の様になります。(FXプライムbyGMOの「選べる外貨」、GMOクリック証券の「FXネオ」の比較)

FXプライムbyGMO GMOクリック証券
取引単位 1,000通貨から 10,000通貨から
取引通貨 18通貨ペア 19通貨ペア
スプレッド GMOクリック証券の方が狭く有利だが、
スリッページや約定拒否の可能性が低く、
システムの安定性という面では
FXプライムbyGMOの方が有利
スワップポイント GMOクリック証券の方が有利
(トルコリラ円は同じレベル)
ロスカットルール 証拠金維持率が50%
(GMOクリック証券はロスカットが発生した場合
手数料が必要となる)
その他 マーケット情報や
オンラインセミナーが充実。
為替の未来予測ができる
ツールが利用できる。

GMOクリック証券は、スプレッドやスワップポイントでは有利なので、ある程度初期投資できる方は、GMOクリック証券の方が有利に取引することができます。

>>GMOクリック証券【FX】(公式サイト)

FXプライムbyGMOは約定実績が100%と高いので、約定拒否やスリッページなどが気になる方や、システムの安定性を望まれる方に向いています。

また、初心者の方にはFXの基本知識からチャート分析までFXで勝てるようになるための情報が提供されていたり、為替の未来予測ができる「ぱっと見テクニカル」が利用できるので、口座開設しておいて損はないと思います。

>> FXプライムbyGMO(公式サイト)