SPDRゴールド・シェア(1326)の評価・特徴!金への投資は必要かな?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etf-spdr-gold

安全資産として非常に有名な金(ゴールド)に投資ができるSPDRゴールド・シェア。

金融危機など有事の際にも守りの投資として有名な金への投資ですが、実物を購入する以外にも国内ETFでも気軽に投資をすることができます。

そんな金ETFで世界最大級の規模であるSPDRゴールド・シェアにの内容について確認してみましょう。

SPDRゴールド・シェア(1326)の基本情報

基本情報

分類 国内ETF
ファンド籍 米国
ベンチマーク 金地金価格(LBMA金価格)
信託報酬 0.40 %
売買手数料 証券会社による
松井証券なら10万円以下は無料
GMOクリック証券 なら
NISA口座で無料、株主優待で実質無料
売買単位 1株
最低購入金額 13,140円(2016年8月3日)
決算
償還日 無期限(設定日:2004/11/18)
純資産総額 約4兆2841億円
上場市場 NYSE アーカ、東京証券取引所など

配当金・分配金

配当金・分配金はありません。

SPDRゴールド・シェアの評価・特徴

SPDRゴールド・シェアは世界最大の金ETFとして有名で、純資産残高は4兆円を超えるほどの水準で、世界が注目する金(ゴールド)に投資する銘柄だけあって流動性も非常に高いETFです。

株式は発行会社の倒産リスク、為替は国家破たんなどのリスクがありますが、金は品質の劣化がないため、永久的に価値がある資産と言われています。

そのため、金融危機などで株や債券などが暴落した時には、安全資産の金がよく買われる傾向にあります。

特に金を下支えするのが、人生の節目節目に金を買うほど金が大好きな文化をもつ中国とインドです。

しかも両国とも約13億人の人口がいるのでその下支えするパワーは強力ですよね。

今後も中国やインドは人口が増え続けると言われていますので、さらに需要が増えるので長期的に見ると金の価格はほぼ上昇していくと思いますね。

実際の利回りは?

運用実績

ファンド
1年 +21.70%
3年 +0.29%
5年 ー4.18%
10年 +7.38%
設定来 +9.52%

※年率化した値です

etf-spdr-gold1

(引用元:Yahooファイナンス)

青がSPDRゴールド・シェア、緑がS&P500設定日(2004/11)からのチャートです。

評価

S&P500との比較をしてみましたが、2008年のリーマンショックの時にS&P500は大きく下げていますが、金も一時的には下げましたがそのあとは堅調に推移しています。

金(ゴールド)の値動きをより長期で見ると以下のような推移をしています。

etf-spdr-gold2

(引用元:世界経済のネタ帳

このように2005年ころが価格が上昇しているのですが、ちょうど中国やインドのGDPが急激に上がり始めたのもこのころだったりします。

また守りだと思ってた金ですが設定来年率で9.5%の成長をしています。

最近は値が落ちてきていたところで、少し復活の兆しが見えるような上昇を見せています。

最近では中国経済の不振がささやかれていましたが、ここでまた再度経済成長路線に入ると、金の価格も上昇しだすかもしれませんね。

まとめ

リーマンショックのような有事の際にも比較的堅調に推移してきた金(ゴールド)に投資ができる国内ETFです。

金自体はここ12年程を見ると大きく成長した後、値が下がってたのですが下げ止まりを見せて再度上昇するような動きに見えます。

もともと世界のどこにおいても価値をもつ金ですので、安くなったら買うという投資手法で長期に持っていたら損失を出す可能性は低いように思えますね。

ただ、金への投資は総資産のうちの10%くらいの割合で取り込むのがいいと言われてますので、大きく投資をして損失を出さないように10%程度を目安として投資するのがいいでしょう。

また、SPDRゴールド・シェアは国内ETFですが、海外にも上場しているので海外ETFしても購入可能ですが、国内ETFとして購入するほうが手数料が安く済みますのでおすすめです。

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


【国内ETFの売買手数料比較】

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

他のネット証券でおすすめの証券会社は?

ETF以外にも楽天証券とマネックス証券では、「金」「プラチナ」「銀」を1,000円から積立投資が可能ですので、こちら2社がおすすめの口座となります。

口座開設・維持費は無料ですので、守りの資産「金」への投資を始めてみてはいかがでしょうか?

楽天証券は今なら最大85,000ポイントをプレゼント!

>> 楽天証券の純金積立(公式サイト)

>> マネックス証券(公式サイト)