マザーズ・コア上場投信(1563)の評価・特徴!一攫千金が狙える?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etf-mothers-core

マザーズ・コア上場投信は、東証マザーズCore指数に連動し、その名の通り東証マザーズに上場している日本の新興市場に投資ができるETFです。

新興市場の企業は知名度がないので銘柄を選ぶにも情報収集が必要ですが、ETFならこれ一本で複数の銘柄に分散投資できるのでサテライト投資として、一部の資産を投資してよりリターンを狙いにいくのは面白い市場です。

そんなマザーズ・コア上場投信の内容について確認してみましょう。

マザーズ・コア上場投信の基本情報

基本情報

分類 国内ETF
ファンド籍
ベンチマーク 東証マザーズCore指数
信託報酬 0.50%
売買手数料 証券会社による
松井証券なら10万円以下は無料
GMOクリック証券 ならNISA口座で無料、株主優待で実質無料
売買単位 1株
最低購入金額 3,250円
決算 年1回(7月)
償還日 無期限(設定日:2011/11/29)
純資産総額 約11億円

組入上位10銘柄

etf-mothers-core1

配当金・分配金

etf-mothers-core2

直近(2016年7月)の分配金利回りは1.92%でした。

新興市場の企業は分配金を出すお金があるなら新しい事業に投資をするので分配金を出す企業が少ないので、このETFは分配金狙いというよりは今後の株価の上昇による差益で儲けるというETFです。

参考 中長期の資産形成のためには配当金・分配金の再投資が必要ですが、ETFは自動で再投資してくれませんで、再投資の方法については下記を参考にしてみてください。

⇒ ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

マザーズ・コア上場投信の評価

東証マザーズCore指数をベンチマークとする国内ETFです。

東証マザーズCore指数は、東証マザーズに上場する株式のうち、時価総額、売買代金、利益、配当状況などを加味した15銘柄で構成されています。ちなみに東証マザーズとは東京証券取引所が運営する新興企業向けの株式市場です。

1位のミクシィと2位のインフォマートを合わせると約67%と非常に比率が高くなっていますが、時価総額が加味されているとこのくらいの比率になってしまいますね。

東証マザーズ全体に分散投資をしたいなら「NEXT NOTES東証マザーズETN」というのもあります。

参考 NEXT NOTES東証マザーズETN(2042)の評価・特徴!気になる成績は?

実際の利回りは?

運用実績

ファンド
3ヶ月 ー9.85%
6ヶ月 ー9.78%
1年 ー26.70%
3年 +122.51%
設定来 +242.77%

※2016年6月末現在

※分配金を再投資し、税金は考慮してません

etf-mothers-core3

(引用元:Yahooファイナンス)

青がマザーズ・コア上場投信、赤が日経平均、緑がJASDAQで直近5年のチャートです。

評価

日経平均だけでなく、同じ新興市場であるJASDAQと比較してもだいぶ成績が良かったようです。

ただ、その分波も大きいので日経平均などと比べるとリスク、リターンともに高くなっていることが読み取れます。

ETFが設定されてから約5年なので、年率平均は約48%と驚異的なリターンとなっていました。

ただ、直近1年は-26.7%と下落していて、ほかのインデックスと比べても下落幅は大きいので注意が必要です。

まとめ

国内の新興市場である東証マザーズに分散投資ができる国内ETFです。

東証マザーズCore指数をベンチマークとして15銘柄に分散投資がこれ一本でできちゃいますが、分散性はあまり高くはありません。

それでも個別銘柄に投資するよりかは幾分かリスクは軽減されるといった感じでしょうか。

アベノミクスで日経平均などだいぶ値が上がりましたが、それらよりハイペースの年率平均48%とかなりのペースで値を上げてきました。

分配金はあまり期待できないので、値が上がりその差益を得る投資法が適していますが、下落幅も大きい点は注意が必要です。

成長株は東証一部上場の企業と違って安定性はありませんが、今後の成長次第で大きく株価を上げる可能性があります。

一攫千金を狙うなら、ETFで分散するより個別銘柄を選んで投資した方が、大きく値が上がる可能性がありますので、これはと思う企業を見つけたら個別投資してみる方がいいと思いますよ。

マザーズ・コア上場投信で組み入れられているみミクシィは2013年後半は200円くらいだった株価が1年後の2014年後半には一時6800円くらいまで値が上がり、たった1年で34倍も資産が増えています

etf-mothers-core4

このような夢があるのが新興市場への投資ですね。

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


【国内ETFの売買手数料比較】

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託とETFどちらに投資するか悩んでる方は!

投資信託とETFどちらに投資しようか悩んでる方はこちらを参考にしてみてください。

参考 ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!