iシェアーズJリートETF(1476)の評価・特徴!分配金は健全です!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etf-ishares-jreit

iシェアーズJリートETF(1476)は東証上場REIT指数をベンチマークとした国内ETFです。

2020年の東京オリンピック開催や、マイナス金利政策によりお金を借りて投資をする不動産市場に有利に働くため国内リートは盛り上がってる資産クラスです。

そんな国内リートに投資ができるiシェアーズJリートETFの内容を確認してみます。

参考 REIT(リート)とは?投資信託やETFなどでも投資が可能!

iシェアーズJリートETFの基本情報

基本情報

分類 国内ETF
ファンド籍 日本
ベンチマーク 東証上場REIT指数
信託報酬 0.16 %
売買手数料 証券会社による
GMOクリック証券 ならNISA口座で無料、株主優待で実質無料
売買単位 1株
最低購入金額 1,951円
決算 年4回(2・5・8・11月)
配当利回り
償還日 無期限(設定日:2015/10/20)
純資産総額 約188億円

株式保有上位10銘柄(保有銘柄数:54)

ishares-jreit1

配当金・分配金

2016年2月9日に9円の分配金が出ています。

2016年2月9日の終値は1,800くらいだったので、このままの分配金が出れば年率2%程度といったところでしょうか。

参考 ETFの分配金は投資信託のように自己投資したものが返ってくるだけのような問題がある分配金ではありませんので、生活費にもしくは再投資にと有効に使いましょう!

⇒ ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!

参考 中長期の資産形成のためには配当金・分配金の再投資が必要ですが、ETFは自動で再投資してくれませんので、再投資の方法については下記を参考にしてみてください。

⇒ ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

分配金をインデックスファンドに再投資するなら SBI証券 で「たわらノーロード 国内リート」か「ニッセイJリートインデックスファンド」を選んでください。

この2つのファンドを購入するならSBI証券がおすすめです。

参考 SBI証券の投資信託でおすすめは?驚きの低コストとなるファンドが!

他のETFとの比較

コード名称上場日信託報酬売買単位純資産残高
(百万円)
出来高
(株)
1343(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信2008年9月18日0.32%10株181,271184,330
1345上場インデックスファンドJリート隔月分配2008年10月21日0.3%100株106,71827,600
1398SMAM 東証REIT指数上場投信2015年3月25日0.22%10株16,94070
1476iシェアーズJリートETF2015年10月20日0.16%1株18,816308
1595NZAM 上場投信 東証REIT指数2014年3月7日0.248%10株59,500970
1597MAXIS Jリート上場投信2014年2月25日0.25%10株41,4479,020

iシェアーズJリートETFの評価

東証上場REIT指数をベンチマークとしたETFで、信託報酬0.16%とETFでも最安値です。

売買高もまあまあといった感じですし、純資産残高も上場日から考えるとまだまだこれからといった感じですね。

1株から購入できるので、最低購入金額は2,000円と低額から投資ができ、この信託報酬の安さが目に留まれば人気が出てくるでしょう。

インデックスファンドでは信託報酬0.30%の「たわらノーロード 国内リート」が最安値です。分配金を自動で再投資したい方はこちらをこちらを選んでください。

参考 たわらノーロード国内リートの評価・特徴!投資家からの人気は?

まとめ

東証上場REIT指数に連動した投資信託、ETFの中では最も安い信託報酬0.16%です。

純資産残高が多い「(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信」と比べると純資産残高、出来高ともにかなり見劣りしますが、信託報酬は約半分のコストで済むので分配金実績がちゃと出ることが確認できれば、資金が集まってきそうです。

信託報酬の安さと最低購入金額も2,000円からと低額から投資ができるのは魅力的ですが、売買手数料がかかると、投資金額に対するコストが高くなりすぎてしまいますので下記の証券会社で売買手数料を節約しましょう!

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


【国内ETFの売買手数料比較】

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

投資信託とETFどちらに投資するか悩んでる方は!

投資信託とETFどちらに投資しようか悩んでる方はこちらを参考にしてみてください。

参考 ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!