iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)の評価・特徴!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etf-ishares-japan-kouhaitou

ブラックロック社の低コストETFのiシェアシリーズで日本の高配当利回り企業に分散投資ができる国内ETFのiシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF。

TOPIXや日経などとは異なり、国内の高配当の銘柄のみに分散投資をするETFです。

高配当企業は一般的に暴落局面に強いと人気がありますが、実際の内容や利回りなど確認してみました。

参考 米国の高配当株に投資するETFはこちらを参考にしてみて下さい。

⇒ iシェアーズ米国高配当株ETF(1589)の評価・評判!気になる利回りは?

iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETFの基本情報

基本情報

分類 国内ETF
ファンド籍 日本
ベンチマーク MSCIジャパン高配当利回り
信託報酬 0.19%
売買手数料 証券会社による
松井証券なら10万円以下は無料
GMOクリック証券 なら
NISA口座で無料、株主優待で実質無料
売買単位 1株
最低購入金額 1,620円
決算 年2回(2・8月)
配当利回り
償還日 無期限(上場日:2015/10/20)
純資産総額 約78億円

業種別投資内訳(上位10業種)

etf-ishares-japan-kouhaitou1

株式保有上位10銘柄(保有銘柄数:50)

銘柄 比率 配当利回り
日本たばこ産業 5.81% 2.97%
NTTドコモ 5.80% 2.92%
KDDI 5.47% 2.53%
日本電信電話 5.26% 2.49%
ブリヂストン 5.15% 3.79%
キャノン 4.95% 4.82%
日産自動車 4.46% 4.50%
ファナック 4.37% 1.77%
本田技研 4.24% 2.89%
三井物産 4.24% 3.87%

配当金・分配金

まだ分配金の実績はありませんが、今後は分配金が出されると思われます。

どの程度の分配金が出るか楽しみなところですね。

参考 中長期の資産形成のためには配当金・分配金の再投資が必要ですが、ETFは自動で再投資してくれませんので、再投資の方法については下記を参考にしてみてください。

⇒ ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETFの評価

MSCIジャパン高配当利回りをベンチマークとしたETFで、信託報酬0.19%で日本の高配当株式に分散投資ができます。

MSCIジャパン高配当利回りというインデックスは、日本国内に上場している大型・中型株を対象としたMSCIジャパン指数から不動産投信(J-REIT)を除外した銘柄が対象となります。

配当継続性や配当性向、財務体質(ROE、負債・自己資本比率、収益の変動性)等の基準を満たした企業から、MSCI ジャパン指数の配当利回りの130%を超える利回りを持つ銘柄をMSCIジャパン高配当利回りインデックス構成銘柄として選んでいます。

東証一部上場のすべての銘柄の平均配当利回りが1.61%ですから、選ばれている銘柄は配当利回りが高いものが多いですね。

高配当銘柄は暴落時にもあまり値を下げないということで根強い人気がありますが、それでいて高配当というのはうれしいですね。

ちなみにMSCIジャパンは、下記を見るとTOPIXとよく似た動きをしているインデックスのようです。

etf-ishares-japan-kouhaitou2

実際の利回りは?

運用実績

ファンド ベンチマーク
1ヶ月 +4.56% +3.44%
3ヶ月 ー7.58% ー8.57%
1年
設定来 ー4.54% ー5.85%

※2016年3月末現在

etf-ishares-japan-kouhaitou3

(引用元:MSCIファクトシート)

青がMSCIジャパン高配当利回り、オレンジがMSCIジャパンで直近15年の図です。

評価

ETFの実績としては上場して間もないので、ベンチマークとしているインデックスの動きを確認してみました。

MSCIジャパン高配当利回りの単純な平均利回りは年率7.8%なので、MSCIジャパンが年率2%と考えると大分成績がよかったようです。(ただし、分配金を再投資し、税金は考慮していないので実際には利回りは落ちます)

しかもリーマンショックも経てこの利回りなので、結構頑張ってる感じではないでしょうか。

まとめ

日本の高配当株式に信託報酬0.19%で分散投資できるのがiシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETFです。

ベンチマークとしているMSCIジャパン高配当利回りは、過去15年間の平均利回りも7.8%と大分成績がよかったようです。(ただし、分配金を再投資し、税金は考慮していないので実際には利回りは落ちます)

ただ、日本の高配当銘柄に投資するETFは軒並み出来高が少ないのが気になりますが、このETFに関しては1度分配金を出せば人気がでそうなETFです。

分配金狙いでなければ非上場投資信託で日経平均をベンチマークする信託報酬0.19%の「日経225インデックスe」が信託報酬0.195%の「たわらノーロード 日経225」がおすすめです。

参考 日経225インデックスeの評価・解説!超低コストインデックスファンド!

参考 たわらノーロード日経225の評価・評判!投資家からの人気は?

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


【国内ETFの売買手数料比較】

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

投資信託(非上場)を購入するのにお得な証券会社は?

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!