上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)の評価!利回りは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

新興国株式の資産クラスは投資信託(非上場)では低コストインデックスファンドも参入し始めてきましたが、まだ他の資産クラスに比べると信託報酬は高い水準にあります。

中国を始めインドやロシア、ブラジルといった今後の成長が期待されるだけに一部投資をしてみたいと思っている方もいるとは思いますが、国内ETFの上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)はどんな内容なのか確認してみました。

上場インデックスファンド海外新興国株式の基本情報

基本情報

分類 国内ETF
ファンド籍
ベンチマーク MSCI エマージング・マーケット・インデックス
信託報酬 0.25%(税抜)
売買手数料 証券会社による
松井証券なら10万円以下は無料
GMOクリック証券 なら
NISA口座で無料、株主優待で実質無料
売買単位 10株
最低購入金額 13,880円(2017/03/19)
決算 年1回(1月20日)
償還日 無期限(上場年月日:2010年2月24日)
純資産総額 約62億円

組入上位銘柄

配当金・分配金

2010年に上場してから分配金は出たことがありません。

上場インデックスファンド海外新興国株式の評価

MSCI エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしたETFで信託報酬は0.25%です。

MSCI エマージング・マーケット・インデックスは下記のように23ヵ国・832銘柄で構成されています。

投資信託(非上場)では、低コストインデックスファンドシリーズであるiFreeインデックスシリーズやたわらノーロードシリーズからも新興国株式に投資するファンドが登場していますが、信託報酬では上場インデックスファンド海外新興国株式の方が低コストとなっています。

参考 新興国株式に投資する投資信託(非上場)については下記を参考にしてみてください。

⇒ おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表

また、上場インデックスファンド海外新興国株式では分配金が出ていないので、分配金を期待している方は気を付けてください。

実際の利回りは?

運用実績

ファンド
1年 +27.85%
3年(年率) +3.39%
5年(年率) +4.66%

※2017年2月末現在

(引用元:モーニングスター)

オレンジが上場インデックスファンド海外新興国株式赤がNYダウ平均(配当込み)緑がMSCIコクサイ(除く日本)(配当込、円ベース)青がMSCI・エマージング・マーケット・インデックス(配当込、円ベース)紫が日経平均の過去3年のチャートです。

評価

上場インデックスファンド海外新興国株式はMSCI・エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしてますが、MSCI・エマージング・マーケット・インデックス(配当込、円ベース)と比較すると、やはり若干リターンは悪くなります。

また、先進国株式で多く採用されているMSCIコクサイ(除く日本)(配当込、円ベース)と比較すると、直近3年では米国が好調だったこともありリターンは大分差が開いています

NYダウ平均や日経平均などと比較しても大きく差が開いていて、直近3年間は大分成長が停滞していたことはわかりますが、それでも5年間での平均年率は4.66%と成長は続けています。

まとめ

MSCI・エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとする国内ETFが上場インデックスファンド海外新興国株式です。

先進国株式で多く採用されているMSCIコクサイ(除く日本)(配当込、円ベース)やNYダウ平均、日経平均と比較すると直近の3年間は苦戦を強いられています。

それでも過去5年間の年率は4.66%と成長していますが、新興国はリスクも高いので投資するにしても資産の10~20%前後に抑えておくのが無難です。

500円から低額投資ができるのは投資信託(非上場)ですが、MSCI・エマージング・マーケット・インデックスに連動する投資信託で最安値は「たわらノーロード新興国株式」の0.495%と「上場インデックスファンド海外新興国株式」の0.25%と比較すると差があるので、新興国株式に投資するなら「上場インデックスファンド海外新興国株式」は選択肢の一つとなるでしょう。

参考 たわらノーロード新興国株式の評価・評判!投資家からの人気は?

海外ETFでは「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF」は、「FTSE エマージング・マーケッツ・オールキャップ (含む中国A株)・ インデックス」がベンチマークとちょっと異なりますが、信託報酬は0.14%とかなり低コストとなっています。

参考 バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)の評価・解説!

国内ETFを購入するのにお得な証券会社は?

上場インデックスファンド海外新興国株式の購入はむさし証券が一番お得です!

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
むさし証券75円95円175円175円320円440円
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円98円241円241円436円834円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円株主優待本
プレゼント
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SMBC日興証券 125円180円250円400円800円2,000円
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券 ※3139円185円272円272円487円921円最大105,000円獲得、さらに10,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

国内株式・ETFで失敗しない証券会社選び!

これから国内株式・ETFで資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

投資信託(非上場)を購入するのにお得な証券会社は?

投資信託(非上場)に投資するなら下記の証券会社がおすすめ!

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券 詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託とETFどちらに投資するか悩んでる方は!

投資信託とETFどちらに投資しようか悩んでる方はこちらを参考にしてみてください。

参考 ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!

海外株式、ETFを購入するのにお得な証券会社は?

売買手数料、為替手数料のトータルコスト最安値のSBI証券!

海外株式、ETFでは業界唯一の貸株サービスも開始!もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> SBI証券  (公式サイト)


売買手数料はSBI証券と並んで最安値のマネックス証券!

特に米国株、中国株の取り扱い銘柄は業界No1!もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> マネックス証券 (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?


米国株・ETFへの投資で円高が気になるなら!

米国株・ETFでは円高になると株価に関係なくリターンが減ってしまいますが、FXをうまく使えば為替リスクを軽減させることができますので下記を参考にしてみてください。

参考 米国株への投資は円高が気になる?為替リスクを回避する方法って?