ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etf-haitou-saitousi

ETFの配当金(分配金)は投資信託と異なり自動で再投資することができません。せっかくもらった配当金(分配金)は再投資して複利で増やしていきたいところです。

もちろん配当金(分配金)を生活費の一部にするのを目的とする方も多くいらっしゃいますが、ここでは複利で再投資するのに効率的な方法について考えてみたいと思います。

ETFの配当金(分配金)とは?

ETFの配当金(分配金)は、投資信託と異なり運用期間中に得られた配当金や利息などから、信託報酬を差し引いた運用収益を決算時にすべて分配することが決められています。

そのため、毎月分配型の投資信託で問題となっている特別分配金は、投資家から集めた資金の一部を切り崩して分配金として支払われているだけなので、運用で稼いだお金ではないということです。

そのような分配金を払えば基準価額が下がるので、同じ分配金を支払い続ければ表面上の利回りだけが高くなっていきますが、ファンドとして稼げる能力が高いというわけではないので気を付けなければいけません。

参考 投資信託の分配金利回りランキングに日本証券業協会から注意喚起!

その点ETFはファンドとして集めた資金を運用して得た利益を支払っているので、健全な分配金と言えますが、問題点としてETFでの分配金は自動で再投資する仕組みがないので手動で再投資しなければいけません

ではこの分配金を再投資するにはどのようなやり方が効率的でしょうか?

ETFの配当金(分配金)を再投資する方法

ETFに再投資

まず考えられるのは、同じETFに手動で再投資する方法で、この方法が一番いいのですがメリット、デメリットを整理しましょう。

メリットは?

初期投資の分だけ現金で必要で、その後は追加投資なしでETFを購入し、再投資した分だけ分配金が増えていきます。

これを長期に続けることにより雪だるま式に分配金が増え続け、いつかは生活費をまかなえるくらいの分配金を健全な状態で一生もらい続けることができるようになるかもしれません。

しかも信託報酬が非上場の投資信託(一般的な投資信託)に比べコストが安価なものが多いので、投資した資産クラスが長期に成長してくれれば売買差益でも有利となります。

デメリットは?

ただこの方法には大きく2つのデメリットがあります。

  • ETFを購入するには売買手数料がかかる
  • ETFの最低購入金額まで貯めるのに時間がかかる

ETFを購入するには売買手数料がかかる

ETFを購入するには株式と同様売買手数料が必要となるので、非上場投資信託と比べると余計なコストがかかってしまいます。

しかも1回に購入する金額が低いほど、コストの比率が高くなります

1回で1万円購入する場合、売買手数料が安価なGMOクリック証券 の場合、95円(税込)かかりますので、0.95%のコストがかかりますが、10万円購入しても95円(税込)となるので、0.095%までコストの比率を下げることができます。

ETFの購入は1回の購入金額が大きいほど、投資金額に対するコストを下げられるのでなるべく1回の購入金額を増やした方がお得です。

約定代金が10万円以下なら松井証券は売買手数料が無料ですし、GMOクリック証券 ならETFの売買手数料を実質無料化する方法がありますので、こちらを参考にしてみてください。

参考 GMOクリック証券で株式やETFの手数料を実質無料(0円)で売買!

ETFの最低購入金額まで貯めるのに時間がかかる

ETFを購入するには最低購入金額まで貯めなければいけません。

例えば注目のJリートに投資するETFのiシェアーズJリートETFは最低購入金額は約2,000円程度必要です。

参考 iシェアーズJリートETF(1476)の評価・特徴!分配金は健全です!

初期に20,000円分購入すると、年4回×90円(1回の分配金)とすると1年間にもらえる分配金は360円ですので、再投資までに約6年必要となるのでこれでは複利効果がまったく望めません。

初期に200,000円分購入すれば9ヶ月に後に1株購入できるだけの分配金が貯まり複利効果が望めるかもしれませんが、初期にある程度の金額を投資しないと再投資までの時間がかかりすぎてしまいますね。

インデックスファンド(非上場投資信託)に再投資

次に考えられるのが、ETFの配当金(分配金)を同じ資産クラスのインデックスファンドに再投資する方法です。この方法のメリット、デメリットを整理してみましょう。

メリットは?

インデックスファンドは、購入手数料が無料のノーロードファンドも多くあり、最低購入金額も SBI証券 なら500円から購入することができます。

ETFより安価に購入することができ、ノーロードファンドを選べば購入時の手数料もかからないので、ETFより購入時のハードルは低いです。

参考 資産別おすすめノーロード投資信託

デメリットは?

インデックスファンドは非常に低コストなファンドが登場し、コストがだいぶ下がりましたが、それでもETFのコストにはかなわないものが多いです。

例えば国内株式のTOPIXに投資するノーロードインデックスファンドで信託報酬最安値は、「ニッセイTOPIXインデックスファンド」でも信託報酬は0.29%ですが、ETFなら「iシェアーズTOPIX ETF(1475)」の信託報酬は0.06%と約1/5のコストで保有することができます。

この信託報酬の差は長期で保有すれば、かなりの差が出てきます。

参考 ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!

まとめ

ETFの再投資方法には、ETFに再投資するのとインデックスファンドに再投資する方法が考えられますが、それぞれメリット、デメリットは以下のようになります。

ETFに再投資

  • 初期投資だけでETFを購入し分配金で購入するほど分配金が増え続ける
  • ETFの購入には売買手数料がかかる
  • 分配金がETFの最低購入金額まで貯まるには時間がかかる

インデックスファンドに再投資

  • 購入時手数料が無料のノーロードファンドも多く、500円から購入できる
  • ETFに比べるとインデックスファンドはコスト(信託報酬)が高い

初期投資にある程度の資金を投入でき、今後健全な分配金で生活をまかなえるような不労所得を得たい方はETFの再投資を選ぶのがいいでしょう。

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


【国内ETFの売買手数料比較】

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

海外ETFを購入するのにお得な証券会社は?

50万円までならトータルコストは最安値のマネックス証券!

海外株式に力を入れているだけあって売買手数料は最安値なので、是非とも利用しましょう!

>> マネックス証券 (公式サイト)


50万円以上ならトータルコスト最安値のSBI証券!

1万通貨までならSBI証券+SBI FXαが最安値で、80万円以上SBI+住信SBIネット銀行が最安値です!

>> SBI証券  (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較【海外ETF、海外株式編】!手数料が安いのは?

初期投資はあまりかけたくないけど、少しでも複利効果を得たい場合にはインデックスファンドに再投資を選ぶのがいいでしょう。

もちろんインデックスファンドで再投資した場合もETFの最低購入金額に達したら、インデックスファンドを売却してETFを購入するというやり方も考えられると思います。

購入は下記のネット証券で可能ですので公式サイトを確認してみてください!

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!