マイナス金利の影響が!ソニー銀行が円普通預金の金利を1/20に!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etc-minus-rate-sonybank

日銀がマイナス金利政策の導入を決定し、影響が出始めてきました。

2016年2月1日よりソニー銀行が円普通預金の金利を0.02%から0.001%と大幅に引き下げることになりました。

りそな銀行や横浜銀行なども定期預金の金利引き下げを発表し、今後普通預金・定期預金の金利は下がる一方の中、どのような金融商品に投資すべきが考えてみました。

マイナス金利の他の記事は下記を参考にしてみてください。

参考 マイナス金利で円高株安!各資産の投資信託への影響は?

参考 マイナス金利なのになぜ円高?今の為替相場の状況で外貨投資ってどう?

マイナス金利とは?

マイナス金利って一体どういうこと?

通常は銀行に預金すると、預金金利としてメガバンクなどでは0.02%の利子がついていたので、ごくごくわずかですが預金は増えていきました。

これがマイナス金利になると今までもらっていた利子がマイナスになるということです。

ということは預けていたお金が、徐々に減っていくということです。

ただ、今回のマイナス金利は、日銀と各金融機関の話なので私たちに直接の影響はないので、いきなり預金しているお金が徐々に減っていくということはありません。

また、各金融機関は日銀にお金を預けていますが、預けている分は今まで通りでこれから新規で預ける分についてマイナス金利になるということです。

なんでマイナス金利なんて導入するの?

マイナス金利を導入すると銀行は日銀に預けると、利子を払わなければいけなくなります。

そうなると、銀行は日銀にお金を預けるのではなく企業へ貸し出して金利を収入を得たり、他の投資を行おうとします。

これにより市場にお金が出回ることになり、企業の設備投資などを後押しすることとなり景気刺激策にしようという心づもりです。

企業にお金がいきわたることにより賃上げとなれば、消費活動にも刺激を与えることになるでしょう。

そんなにうまくいくとは思えませんが・・。

我々の生活への影響は?

一番心配するのは銀行での預金金利の引き下げです。

これが現実のものとなって襲い掛かってきました・・。

でも、悪いことだけでなくいい面もあります。

住宅ローンや自動車ローンなどの金利も引き下げられる可能性があります。

借金している比較的若い世代の方にはメリットも出てくる可能性もありますが、現役を引退され老後暮らしの方には企業業績や賃上げなど関係ないのでメリットはありませんね・・。

銀行に預けててもしょうがないですよ的な怪しい投資詐欺などにはくれぐれも引っかからないように気を付けてくださいね!

ソニー銀行が円普通預金の金利を0.02%から0.001%と大幅に引き下げ!

0.02%から0.001%とは1/20と大幅な引き下げですね。

ほとんど0です。

例えば、

  • 10万円預けて1年後の利息:1円
  • 100万円預けて1年後の利息:10円

なんでしょうこれ・・。

1億円預けても1年後の利息は1,000円です・・・。

銀行に預ける意味は、家に置いておいて火事などの災害時にはなくなってしまうリスク回避くらいしか意味はないですね。

定期預金は?

定期預金の金利も引き下げが始まってます。

りそな銀行では0.005%~0.025%幅引き下げ年0.025%となり、横浜銀行も定期預金の金利を0.005%下げ、年0.02%と普通預金と同じ金利となってます。

MMFは購入受付停止

比較的安全とされる国債などの債券で運用するMMFは、安定した運用が困難とのことで購入受付を停止する動きが出てきています。

大和証券投資信託委託は「ダイワMMF」など3つの投資信託が対象で、三菱UFJ国際投信は「国際のMMF」など5つの投資信託が購入の受付を停止しています。

マイナス金利の導入により、債券市場で金利が大幅に低下しているのが理由だそうです。

他の銀行など金融機関は?

みずほ銀行など大手銀行も早急に検討するとのことで、追随する銀行もこれからでてくるでしょう。

特にゆうちょ銀行は国債中心に運用してきているので、かなり厳しい状況になるのではないでしょうか。

いずれにしても、もともと普通預金や定期預金は金利がほとんどつかない状況だったので、あきらめてる方も多いかもしれませんね。

マイナス金利時代の投資先は?

日銀は「必要な場合、さらに金利を引き下げる」といつまで、どこまでマイナス金利時代となるのかがわからない状況です。

そんな中我々投資家はどこに投資をすればいいでしょうか?

国内不動産関連は有望か?

金利がマイナスということは、お金を借りて投資をしている不動産にはかなり有利に働く政策です。

米国は逆に利上げとなっているので、REITには不利な条件ですが、逆に日本はお金を今までより低金利で借りられるので、不動産関連の債券、特に国内不動産関連には追い風ですね。

しかも東京オリンピックまでは、不動産は高くなると予想されるので資金が流れ込む可能性が高いので、J-REITは上昇する可能性が高いです。

参考 REITとは?投資信託やETFなどで投資が可能です!

国内REIT関連の個別インデックスファンドは下記を参考にしてみてください。

参考 おすすめ国内REIT型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表

円安誘導なのでもちろん外貨投資

今回のマイナス金利はもちろん円安誘導となります。

市場にお金が出回るということは、円の価値が下がることになりますし、米国は金利を上げている中でマイナス金利となるので、金利差が広がることになります。

そのため、外貨投資を行えば円安による為替差益、外貨投資による金利の上昇が期待できるので、投資先として有望ですね。

外貨投資は今回のマイナス金利とは関係なく必要かとおもいますので、こちらを参考にしてみてください。

参考 外貨投資とは?外貨投資の必要性は?外貨で分散投資を始めよう!

間違っても外貨預金に投資はしないでください。

外貨預金、外貨MMF、FXなどで外貨投資が可能ですがFXが最もお得ですので、こちらも参考にしてみてください。

参考 外貨預金・外貨MMF・FXを8つのポイントで比較!結局どれがおすすめ?

まとめ

今回のマイナス金利で、流動性が高い銀行預金を見直す必要が出てきました。

生活防衛資金などは少しでも利子が高いイオン銀行や楽天銀行などに預けてる方も多いかと思います。

参考 イオンを利用する人はチェック!普通預金の金利がなんと6倍に!

参考 楽天銀行のマネーブリッジで普通預金の金利を5倍に!

普通預金に預けても意味がないので、すでに投資を始めてる方でREITや外貨投資などに投資したことがない方はこの機会に投資してみてはいかがですか?

REITはJ-REITのように個別銘柄もありますが、インデックスファンドもありますので、SBI証券なら500円から投資ができます。

参考 おすすめ国内REIT型インデックス投資信託<ノーロード>の比較表

外貨投資でおすすめなのはFXです。

FXは、外貨預金や外貨MMFなどより有利にかつ安全な投資が可能です。

是非下記も参考にしてみてください。

参考 外貨預金・外貨MMF・FXを8つのポイントで比較!結局どれがおすすめ?

参考 FX(外国為替証拠金取引)とは?初心者の外貨投資の始め方!

FXで外貨預金のように積立てられるサービスも開始されてますので検討してみてください!

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

FXでおすすめのSBIFXトレード!

SBIグループのSBI FXトレードは低額から投資でき、低コストなのでおすすめです。今すぐレバレッジ付き定期外貨取引を始めてみたい方は下記の公式サイトで詳細を確認してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)