マイナス金利なのになぜ円高?今の為替相場の状況で外貨投資ってどう?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etc-minus-rate-foreign-currency

日銀がマイナス金利を発表し、一時的に円安に大きく動きましたが結局発表前以上に円高に進んでいます。

普通に考えると円安に進むはずの政策が円高に向かい日銀黒田総裁の思惑がはずれた格好となり、ドル円はかなり円高方向に向かっています。

円高になってる背景や現状の為替相場を確認し、外貨投資をすべきか考えてみました。

他のマイナス金利についての記事はこちらを参考にしてみてください。

参考 マイナス金利の影響が!ソニー銀行が円普通預金の金利を1/20に!

参考 マイナス金利で円高株安!各資産の投資信託への影響は?

円高に進む背景は?

日銀が発表したマイナス金利によって株高・円安が期待され発表当日はその通りの動きとなりました。

ただ、その後は結局株は下落しマイナス金利発表前以上の円高となっています。

この背景には米国の景気減速感が強まったことがあります。

2016年1月に発表された米ISM製造業指数、非製造業景況指数により製造業の不振が続いていること、非製造業もブレーキがかかってるのが確認されています。

一番注目が集まった米1月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が市場予想以上に伸びが悪かったが、失業率は4.9%に低下し、時間当たり賃金は0.12$増えたりと、いい材料と悪い材料入り乱れる結果となり、決して米国経済が順調に推移しているとは言えない結果となっています。

このように米国の経済が伸び悩んでいるので、3月と言われていた米国の利上げの実施は怪しくなってきています

加えて、

  • 中国株の下落
  • 原油の下落
  • FRBの利上げによる新興国からのドル引き上げ

などにより全世界の株価が低調な状況となっています。

米国の利上げが先延ばしになれば、日本と米国の金利差は開かないので米ドル買いとはなりませんし、日本の長期金利より米国の長期金利の方が下げ幅も大きくなってきています。

国内状況が特段いいわけではないですが、米国の停滞や世界的なリスクがあるため安全資産の円が買われているいう状況となっています。

マイナス金利となった円が買われるとは奇妙な状況ですね。

今の為替相場ってどんな状況?

ドル円の動きを確認してみましょう。日足はロウソク1本が1日の値動きを、月足は1ヶ月の値動きを表しています。

日足

201602-usdjpy-1d

(引用元:Yahooファイナンス)

赤い矢印のところが日銀がマイナス金利を発表した1月29日です。

その日は大きく上げましたが、その後は大きく下落しているのがわかると思います。

2015年12月から円高傾向だったので、マイナス金利発表で円高を止める効果を狙いましたが、結局それまでの円高傾向は止まらず、勢いをついて下げていますね。

月足

201602-usdjpy-1m

(引用元:Yahooファイナンス)

一番右側が2016年2月の値動きです。

他の月と比べるとロウソク足が長いのがわかると思いますが、それだけドル円は変動しているということで、約10円程度値が動いています

で、赤い矢印のところを見てください。

したひげと呼ばれる細い線が下にありますが、このとき約16円程度の値動きがありました

これがリーマンショックと言われた時期で2008年10月のドル円の値動きです。(リーマンブラザーズは2008年9月に経営破たんしています)

この月に日経平均はバブル崩壊後の最安値である7,162円90銭をつけています。

まだリーマンショックほどの値動きまでは達していませんが、ドル円は比較的値動きがおとなしい通貨ペアです。

その中で10円以上も値が動きそれも今のところ一方的な下落というのは異常といってもおかしくないでしょう。

外貨投資はどうすれば?

ここまで円高傾向に勢いがつくと、どこでとまるかはわからない状況ですね。

ただ、外貨の高金利は魅力的なので外貨に投資チャンスをうかがいたいですよね。

しかもかなり急激に円高となっているので安値で変えれば今後円安になったときに大きく儲けられる可能性があります。

しかし、底で買うのは至難の業です。

株式相場格言の一つで「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があります。

最安値で買い、最高値で売りたいというのはだれもが望むところですが、底値で買って天井で売ることはほとんど不可能で失敗しやすいです。

買うときも売るときも上下は少し残したほうがいいという考えです。

底を狙って一括で投資するよりは、ドルコスト平均法のように時間分散させて購入していく方がリスクが低減されます。

例えば下記のようなサービスを利用して積み立てていってはいかがですか?

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

まとめ

2016年初からサウジアラビアとイランの対立や北朝鮮の水爆実験、中国株暴落などに始まり、いまはマイナス金利で円高株安となり、銀行の普通預金や定期預金の金利引き下げなど我々一般の人達の生活に影響が出始めています。

参考 サウジアラビアとイランの対立、北朝鮮の水爆の裏で中国株暴落!

銀行の金利引き下げによって、どこに資産を預ければいいかと調べてる方も多いと中、銀行の外貨預金の高金利に興味を持っている方もいらっしゃると思います。

ただ、銀行の外貨預金は手数料が高く損ですので、この機会に外貨投資で一番お得なFX口座で外貨投資をしてみませんか?

FX口座は手数料が格安で、金利に相当するスワップが毎日もらえ、金融機関が破たんしても全額保護されるなど外貨預金よりも有利に外貨に投資することができます。

FXというとギャンブル的なイメージを持っている方もい多いかもしれませんが、ハイリスクにするかローリスクにするかは自分でコントロールできるので、ローリスクで投資すれば外貨預金と同じような投資もできます。

参考 FX(外国為替証拠金取引)とは?初心者の外貨投資の始め方!

銀行での外貨預金をおすすめできない理由、ほかの外貨投資との比較は下記も参考にしてみてください。

参考 外貨預金をおすすめできない4つのポイント!高金利に騙されるな!

参考 外貨預金・外貨MMF・FXを8つのポイントで比較!結局どれがおすすめ?

急激に円高株安となっているので今投資をすれば将来大きく資産を増やすチャンスでもであります。

FXでもドルコスト平均法のように毎月積み立てた投資もできますので、下記のようなサービスを利用してみてください。

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

自分で投資タイミングを決めたい方もSBI FXだとドル円なら5円からと驚きの低額から投資ができてしまいます。

SBI FXならドル円が5円からと驚きの低額から投資ができます!

ネット証券最大手のSBIグループということで安全性も高いですし、コストも格安です。

口座を持ってないと投資タイミングを逃してしまいますので、FX口座を持ってない方は今すぐ口座開設されることをおすすめします。

>> SBIFXトレード(公式サイト)