円高で投資する時のおすすめは?やっぱりFX?株や投資信託はどう?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

endaka-toushi

急に円高になると、投資のチャンスと思う方とどこまで下がり続けるのか不安に思う方といろいろな思惑が交錯します。

円高になるとだいたい株安にもなるので保有している株式や投資信託が急落してると焦りますがここは冷静になってチャンスと思いたいところです。

この円高のチャンスの時の投資となると真っ先に思いつくのはFXだと思いますが、人気の高い株や投資信託はどうでしょうか?

参考 FXに投資したいと決めてる方はこちらも参考にしてみてください。

⇒ FX投資を初心者が始めるチャンスは円高の時?注意したいポイントは?

なんで円高になると株安になるの?

円高になると株安になりやすいでが、どういう関係があるのでしょうか?

もちろんいろいろな要因があるのですが、一般的に言われているのは、円高になると輸出企業にとってはマイナスで、内需や輸入企業にはプラスとなります。

例えば輸出企業を考えると、1ドルが120円から100円に下がってしまうと、同じものを輸出しても今まで120円だったのに100円にしかならなくなってしまうので売上が下がってしまいます。

このように輸出企業にとっては売上を下げる要因となり、自動車関連など大企業になればなるほど輸出企業の方が多いので円高になると株安になりやすいということになります。

円高でも投資しないっていう選択肢は?

円高になっても投資をしなという選択肢はあるかと思います。

特に株安になりやすいので、保有する株式や投資信託が下がり続けているのでどこまで下がるかわからないから静観するという選択ですね。

ただ、投資の基本は「安い時に買って高い時に売る」ことですので、投資チャンスを逃しているとも言えますのでちょっともったいないかもしれません。

投資するタイミングがわからないという方はVIX指数などを見てみて、VIX指数が下がり始めたら混乱は収束として投資をするという見方もできるかと思います。

参考 VIX指数とは?株価暴落時にVIX指数連動型ETFに投資して大儲け!?

円高時の投資先はどこがいい?

人気がある投資先はやはり、株式・投資信託・FXといったところかと思いますが、どこに投資するのがいいでしょうか?

それ以外の安全な投資先ってあるでしょうか?

株式

国内株式

円高になると輸出企業は不利になるので、輸出企業が多く採用されている日経平均などは下がります。

ただ、そんな中でも円高が進むと有利なのが輸入企業で、水産、紙パルプ、電力ガス、空運、陸運、食品などの業界の銘柄が注目されます。

円高で恩恵をうける銘柄として代表的なのは以下のような銘柄です。

コード 銘柄
9501 東京電力
9503 関西電力
9531 東京ガス
9202 全日本空輸
5401 新日本製鉄
3861 王子製紙
2503 キリンホールディングス
7581 サイゼリア
9843 ニトリ
2670 エービーシーマート

ただ、円安の展開になると逆に不利になってしまうので長期投資ではなく、短期から中期くらいの投資が向いてますね。

そこでもう一つの投資先はあえて値が下がった輸出企業に投資をすることです。特に高配当銘柄など面白いと思います。

例えば「iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF」で採用されているような銘柄ですね。

銘柄 比率 配当利回り
日本たばこ産業 5.81% 2.97%
NTTドコモ 5.80% 2.92%
KDDI 5.47% 2.53%
日本電信電話 5.26% 2.49%
ブリヂストン 5.15% 3.79%
キャノン 4.95% 4.82%
日産自動車 4.46% 4.50%
ファナック 4.37% 1.77%
本田技研 4.24% 2.89%
三井物産 4.24% 3.87%

参考 iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)の評価・特徴!

高配当銘柄は株式市場が低迷してても値が下がりにくいと言われるので、大きく暴落はしにくいですが、円高株安のような相場になったらチャンスだと思います。

海外株式

投資になれてるかたは米国株は投資チャンスだと思いますので、積極的に投資してみてもおもしろそうですよね。

銘柄が選べない方は、下記のような高配当銘柄に投資するETFが採用している銘柄やETF自体に投資してみるのもいいと思います。

参考 iシェアーズ米国高配当株ETF(1589)の評価・評判!気になる利回りは?

参考 バンガード米国高配当株式ETF(VYM)の評価・特徴!今後期待です!

投資信託

インデックスファンド

投資信託は海外に投資していて為替ヘッジがないファンドは円高は影響を受けて下落しますね。

ただ、投資信託はそもそも長期投資が基本ですので、ファンドが下落したら追加投資して今後大きく値が上がるのを待ちたいところです。

まだ投資信託を持っていないなら、バランス型ファンドがおすすめです。

参考 おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方におすすめ!

その中でもこれ一本で全世界に分散投資ができ、ほったらかし投資ができる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」や「世界経済インデックスファンド」がおすすめです。

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価

参考 やっぱりこれ!世界経済インデックスファンド

個別のインデックスファンドでよりリターンを狙うなら国内株式や先進国株式がいいでしょう。

世界的な不況期に入ってしまったら株式市場は低迷しますが、一時的な下落であれば長い目で見ると株式市場は成長する可能性の方が高いです。

参考 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表

参考 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表

アクティブファンド

円高というより株安になると追加購入が多くなるのが、アクティブファンドの優良ファンドとして有名なひふみ投信、ひふみプラスです。

主に国内株式に投資をするファンドですが、成績がいいことから安くなった時に追加購入する方が非常に多いファンドです。

ただ、意外にも過去3年間株安の時に適宜追加購入するよりこつこつ積立投資している方が成績が良かったようです。

参考 ひふみ投信の基準価額が高いけど割高なの?いつ投資すればいい?

毎月分配型ファンド

毎月分配型ファンドで特に海外リート型ファンドは、円高時には下落しますが、そのようなファンドへ追加投資をするチャンスでしょうか?

もちろん基準価額が下落し安く買えるチャンスですので、引退世代の方などは投資を検討してもいいと思います。(現役世代の方は毎月分配型は資産運用としては非効率なのでおすすめしません)

安く買えれば分配金も増えるので生活費に回せる金額も多くなるのですが、そもそもたこ足配当となっているファンドは自然に基準価額下がってきますので無理に追加投資する必要はないと思います。

それでも生活費を増やしたいから追加投資したい方は、買付手数料が無料となるフィデリティ証券での購入を強くお勧めします。

純資産残高1兆円を超える人気のファンド「新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)」、「フィデリティUSリートファンドB」はゆうちょや銀行、大手証券会社やネット証券でさえも買付手数料がかかります。

参考 新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)の評価・特徴は?投資すべきか?

参考 フィデリティUSリートファンドBの評価・特徴!あなたは損してませんか?

例えば100万円投資したら、買付手数料が2万円から3万円かかってしまい、非常に無駄なコストですので気を付けてください。

毎月分配型を購入するならフィデリティ証券で買付手数料を無料にしましょう!

以下の公式ページで詳細を確認してください。もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> フィデリティ証券株式会社 (公式サイト)

(※当サイトのフィデリティ証券口座開設手順の解説

FX

外貨投資といえば、外貨預金や外貨MMFなどが有名ですが、最もコスト面など含めお得に取引できるのはFXです。

参考 外貨預金・外貨MMF・FXを8つのポイントで比較!結局どれがおすすめ?

特に円高になると外貨投資をしたくなりますが、いつ購入すればいいでしょうか?

FXなどは円安や円高の傾向が長く続く特徴がありますので、円高で一時的に下げて底かと思ったら、またさらに大きく下げるなんてことがよくあります。

そのため、初めてFXをやる方は投資するタイミングが難しいと思うので、ここは長期投資という視点で投資を始めてみましょう。

長期投資といえば基本は積立投資するのがリスクが分散されておすすめですが、FXで唯一自動で積立投資ができるSBIFXトレードのレバレッジ付き定期外貨取引をはじめるのがおすすめです。

金利が高いので有名な豪ドル円やNZドル円で買いで投資すれば、スワップ金利も付きますし今後円安となれば大きく資産を増やしてくれますので、円高の時は外貨の積立を始めるチャンスです。

レバレッジ付き定期外貨取引はSBIFXトレードだけのサービスです!

  • 三大メガバンクに預けても0.001%の中、豪ドル円なら約2%の金利
  • 労働人口が減少している日本では円を持っていること自体リスクとなりえる
  • SBIFXトレードならレバレッジ1倍で米ドル円を100円から投資できる

今なら口座開設時にお試し取引ができるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

もちろんまだ円高が続く可能性はありますが、底にいつなるかは誰にもわかりませんので、徐々に焦らず積み立てていきましょう。

ソーシャルレンディングで相場と関係なく毎月分配金をもらう?

円高、株安となるとどこまで下がるのかと不安になりますよね。

そのような円高・株安となった時に一時的な資産の避難先で運用するならソーシャルレンディングという手があります。

海外に投資をするソーシャルレンディングもありますが、国内の動産や不動産などへの投資であれば円高や株安の影響は直接的には受けずに運用することが可能ですので、投資先に悩まれているのであれば検討してみてはいかがでしょうか。

参考 ソーシャルレンディングとは?高利回りだけどリスクは?

参考 ソーシャルレンディング会社って怪しい?金融業の資格があるから安心?

参考 ソーシャルレンディングの市場規模って?今後も成長が期待できるの?

まとめ

円高の時に投資先としては、株式や投資信託、FXといった金融商品が人気があります。

円高の時には株安にもなりやすいこともあり、投資チャンスととらえたいところですが、どこまで円高株安が続くかはわかりませんので、長期投資目線で投資を始めたいところです。

国内株式

株式であれば円高時に不利と言われている輸出企業の中で高配当銘柄やそれに投資するようなETFがおすすめです。

国内株式、ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

特に初心者の方が株式投資を始めるのにおすすめです。

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券なら国内株式、ETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方

海外株式

海外株式は特にドル円などが下がっていれば、米国の優良な高配当銘柄が安く買えるチャンスですので、ちょっと背伸びしてみたい方はチャレンジしてみてください。

海外株式、ETFを購入するのにお得な証券会社は?

50万円までならトータルコストは最安値のマネックス証券!

海外株式に力を入れているだけあって売買手数料は最安値なので、是非とも利用しましょう!

>> マネックス証券 (公式サイト)


50万円以上ならトータルコスト最安値のSBI証券!

1万通貨までならSBI証券+SBI FXαが最安値で、80万円以上SBI+住信SBIネット銀行が最安値です!

>> SBI証券  (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較【海外ETF、海外株式編】!手数料が安いのは?

投資信託

これから投資信託をはじめるかたはバランス型ファンドがおすすめで、円高なら為替ヘッジなしのファンドなら安く購入することができますね。

参考 おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方におすすめ!

その中でも特におすすめなのは下記の2つのファンドですので詳細は下記で確認してみて下さい。

参考 大人気!セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価

参考 やっぱりこれ!世界経済インデックスファンド

アクティブファンドなら国内株式に投資するひふみ投信が成績もよく人気がありますので、詳細は下記で確認してみてください。

参考 ひふみ投信の基準価額が高いけど割高なの?いつ投資すればいい?

毎月分配型は、引退世代の方が投資するには向いてる部分もありますので、値が下がって追加購入したいなと思うなら、手数料がお得なフィデリティ証券で購入してください。

毎月分配型を購入するならフィデリティ証券で買付手数料を無料にしましょう!

以下の公式ページで詳細を確認してください。もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> フィデリティ証券株式会社 (公式サイト)

(※当サイトのフィデリティ証券口座開設手順の解説

FX

円高となったら外貨投資がやはり盛り上がりますよね。

円高であれば外貨を安く購入できるので、外貨投資を始めるチャンスです。

ただ、円高傾向になるとどこまで値を下げるかはプロでもわかりませんので、ここは欲張らずに長期投資目線で、積立投資をはじめたいところです。

国内唯一FXで自動積立投資ができるSBIFXトレードのレバレッジ付き定期外貨取引がおすすめです。

レバレッジ付き定期外貨取引はSBIFXトレードだけのサービスです!

  • 三大メガバンクに預けても0.001%の中、豪ドル円なら約2%の金利
  • 労働人口が減少している日本では円を持っていること自体リスクとなりえる
  • SBIFXトレードならレバレッジ1倍で米ドル円を100円から投資できる

今なら口座開設時にお試し取引ができるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス登場!レバレッジ付き定期外貨取引!

ソーシャルレンディング

国内の動産や不動産に間接的に投資をすることになるので、円高や株安に影響されずに高い利回りを享受することができます。

相場が荒れてるときの一時的な退避先として検討してみてはいかがでしょうか。

1ヶ月で3%といった短期案件も登場するので要チェックです!

最低10万円からとはなってしまいますが、1ヶ月で3%3ヶ月で7%などの案件が登場しますがすぐ売り切れてしまう場合があるのでまず口座開設して準備しておきましょう。

口座開設・維持費用はもちろん無料です。

>> みんなのクレジット(公式サイト)

不動産に特化し6~10%の高金利で安全に運用するなら!

不動産に特化し、全案件安心の不動産担保付きです!高利回りなのですぐに募集が締め切りとなってしまうので事前の口座開設は必須ですよ。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> ラッキーバンク(公式サイト)