くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引に愛称で、日経平均やNYダウ、独DAX、英FTSE100といった株価指数を取引することができます。

そんなくりっく株365を取り扱っている証券会社は複数ありますが、取引コストはどこが安く、どんなポイントで証券会社を選べばいいかまとめてみました。

くりっく株365の特徴とは?

くりっく株365は取引所CFDの愛称のことで、CFDはFXと同じ差金決済取引のことで、証拠金を預けてレバレッジをかけて取引することができる金融商品です。

取引はほぼ24時間取引ができるので、夜中や日本の祝日なども取引ができ、買いからも売りからも取引ができます。

参考 CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

CFDではくりっく365(取引所CFD)のほかに店頭CFDというのがありますが、くりっく365は店頭CFDに比べて下記のような特徴があります。

  • 取引対象は、日経平均、NYダウ、独DAX、英FTSE100
  • 配当金相当額がもらえる
  • 為替リスクがない
  • レバレッジを大きくかけることもできる
  • 東京金融取引所で分別管理され原則全額保護+1,000万円を上限に補償

店頭CFDの方が取引できる銘柄が多く、上記4つの株価指数以外のS&P500、上海A50、香港Hや金、原油といったものまで取引ができ、取引コストも安いのですが、日経平均、NYダウ、英FTSE100に関しては、配当金相当額がもらえなかったり、為替リスクもあったりするので、くりっく株365の方が長期投資に向いています

参考 くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの比較!取引するならどっち?

くりっく株365取り扱い証券会社を比較

くりっく株365は取引所CFDのため、取引時に提示されるレートやスプレッド、配当相当額はどの証券会社も同じとなっています。

そのため、各証券会社で異なる下記の点について比較してみました。

  • 売買時手数料
  • 証拠金額・ロスカット
  • 取引ツール・投資情報

売買時手数料

証券会社売買手数料
(片道・税込)
マネックス証券 152円
岡三オンライン証券 くりっく株365153円
SBI証券153円
カブドットコム証券153円
岩井コスモ証券216円
インヴァスト シストレ24216円
KOYO証券324円
マネースクウェア・ジャパン324円
※日経平均は540円
カネツFX証券432円
フジトミ540円
豊商事1,404円

上記のようにマネックス証券が最安値ですが、岡三オンライン証券やSBI証券と1円しか差がないので、短期売買で1日に何十回も取引するような方以外は、上位3社のどこを選んでもあまり差がないです。

くりっく株365は為替リスクは発生しませんし、下記のネット証券なら口座開設・維持費は無料で、手数料は業界最低水準です。特に岡三オンライン証券は投資情報や取引ツールが充実していておすすめです。

>> 岡三オンライン証券 くりっく株365(公式サイト)[詳細解説]←おすすめ
>> SBI証券(公式サイト)
>> マネックス証券 (公式サイト)

参考 くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

これ以降は主要3社と自動売買が行えるM2J株価指数CFDのみ比較します。

証拠金額・ロスカット

証券会社証拠金額ロスカット
マネックス証券 東京金融取引所
証拠金基準額適用
100%
岡三オンライン証券 くりっく株365東京金融取引所
証拠金基準額適用
50~100%
SBI証券東京金融取引所
証拠金基準額適用
70%
マネースクウェア・ジャパン独自ルール100%

証拠金額はM2J株価指数CFDのみ下記のような独自ルールとなっています。

ロスカットは岡三オンライン証券のみ50~100%を選択できますが、そもそもロスカットされないようにするべきですが、ロスカットは100%としておいた方が、もし想定外の値動きがありロスカットされたとしても残金は多く残るのでおすすめです。

取引ツール・投資情報

証券会社WEB版PC版スマホ版自動売買投資情報
マネックス証券 東京金融取引所
提供ツール
岡三オンライン証券 くりっく株365独自ツール独自ツール独自ツール
SBI証券独自ツール独自ツール独自ツール
マネースクウェア・ジャパン独自ツール独自ツール

取引ツール・投資上に関しては岡三オンライン証券が他の証券会社より一歩抜け出ていて、短期売買でも長期売買でも対応できるツールを提供しているのと、EXCELから直接売買できるツールも提供されています

参考 岡三オンライン証券のくりっく株365の投資環境は最強か?

岡三オンライン証券は日本株の取引ツールで国内No1との呼び声も高く、非常に使いやすいツールを提供しているように、取引ツールには力を入れていて、くりっく株365も非常に使いやすいツールを提供しています。

参考 岡三オンライン証券の評価・評判!押さえておきたい穴場の証券会社?

また、岡三オンライン証券含め上記で記載した証券会社のくりっく株365の取引ツール・投資情報は口座開設すれば無料で利用することができます

入出金

各社即時入金サービスを利用すれば手数料無料で入金することができ、対応する銀行は下記のとおりです。また出金はどの証券会社も手数料無料です。

証券会社三大メガバンク
+ゆうちょ銀行
楽天銀行住信SBI
ネット銀行
その他
マネックス証券 ジャパンネット銀行
ソニー銀行
岡三オンライン証券 くりっく株365りそな銀行
埼玉りそな銀行
ジャパンネット銀行
セブン銀行
スルガ銀行
SBI証券りそな銀行
埼玉りそな銀行
近畿大阪銀行
ジャパンネット銀行
セブン銀行
スルガ銀行
マネースクウェア・ジャパン

M2J株価指数CFD以外はいったん証券総合口座に入金後にくりっく株365の口座へ資金を振替する必要があります。

まとめ

くりっく株365は取引所CFDの愛称で、証拠金を預けてレバレッジをかけて取引することができる金融商品で、下記のような特徴があります。

  • 取引対象は、日経平均、NYダウ、独DAX、英FTSE100
  • 配当金相当額がもらえる
  • 為替リスクがない
  • レバレッジを大きくかけることもできる
  • 東京金融取引所で分別管理され原則全額保護+1,000万円を上限に補償

そんなくりっく株365の取扱業者は約10社あり、取引手数料はマネックス証券が最安値ですが、岡三オンライン証券やSBI証券と1円しか差がないので、短期売買で1日に何十回も取引するような方以外は、上位3社のどこを選んでもあまり差がないです。

その中でも、取引ツール・投資情報で他の証券会社より一歩抜けているのが岡三オンライン証券で、短期売買から長期売買でも対応できるツールやEXCELから直接売買できるツールが口座開設すれば無料で利用できます。

いますぐ短期売買やEXCELから直接売買など必要はなくても、くりっく株365での取引が慣れてきたらそのようなツールを利用したくなったりするかもしれないので、最初からそのようなツールを用意している証券会社に口座を持っておくのはおすすめです。

SBI証券も取引しやすいツールを提供しているので、両方に口座開設して使い勝手を比較してもいいかもしれません。

くりっく株365の取引するのにおすすめなのは下記の証券会社!

くりっく株365は為替リスクは発生しませんし、下記のネット証券なら口座開設・維持費は無料で、手数料は業界最低水準です。特に岡三オンライン証券は投資情報や取引ツールが充実していておすすめです。

>> 岡三オンライン証券 くりっく株365(公式サイト)[詳細解説]←おすすめ
>> SBI証券(公式サイト)
>> マネックス証券 (公式サイト)

参考 くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

マネースクウェア・ジャパンは、外部より不正なアクセスを受けたことによる情報漏えいに対応するため、現在新規の口座開設は一時停止されています。

くりっく株365で自動売買したいなら!

手数料は上記の証券会社より高くはなりますが、株価指数を自動売買できるコストと考えればそれほど高くはないかなと思います。

>> マネースクウェア・ジャパン(公式サイト)

参考⇒  日経平均やNYダウで配当と自動売買でこつこつ利益?M2J株価指数CFDとは?

株価指数に投資するならくりっく株365が最もお得

詳細については下記を参考にしてみてください。

⇒ NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!配当がもらえるCFDは?

⇒ FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?