CFD一覧

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

トライオートETF「ETF自動売買セレクト」に新機能追加!金利コストも引き下げ!

インヴァスト証券が提供するETFの自動売買サービスであるトライオートETFのETF自動売買セレクトがバージョンアップを行い新機能が追加されました。また、金利コストの引き下げも行われサービス内容が拡充されましたがどのようなバージョンアップが行われたのか内容を確認してみました。

トライオートETFのキャンペーンはお得なのか?条件のクリアは簡単?

トライオートETFでは2018年1月から史上最大スペシャルキャンペーンというキャッシュバックキャンペーンを実施してますが、キャッシュバックを得るためには条件をクリアする必要があります。キャッシュバックがもらえる条件のクリアは簡単なのかキャンペーンの内容を確認してみました。

くりっく株365の仕様変更により金利支払いが発生!配当はどうなる?

くりっく株365は、日経225やアメリカのNYダウ、イギリスのFTSE100、ドイツのDAXなどの株価指数に投資することができ配当相当額が受け取れることで注目されている商品です。そんなくりっく株365で仕様変更が行われ、買いの場合は金利相当額の支払いが発生するようになりました。実際どんな内容の仕様変更が行われ、どの程度の金利相当額の支払いが発生するのか確認してみました。

元手資金ゼロでETFの積立投資ができる「マネーハッチ」とは?自動売買も!

FXやETFの自動売買サービスを展開しているインヴァスト証券が元手資金ゼロでETFの積立投資ができる「マネーハッチ」というサービスを開始しました。元手資金ゼロというのはクレジットカードのポイントやFX取引によるキャッシュバックを利用して積立投資ができるということですがどんな内容のサービスなのか確認してみました。

日経平均先物とくりっく株365、店頭CFDを比較!お得なのは?

日経平均株価(日経225)を資金効率が高い取引ができるのが、大阪取引所に上場する日経225先物、日経225miniが有名ですが、それに近い内容の取引ができるのがCFDです。CFDでは取引所CFDであるくりっく株365や店頭CFDで日経平均に投資をすることができますが、どのような違いがあり、取引するならどれがお得なのか確認してみました。

NYダウ平均の配当を複利運用すると配当金は将来いくらになる?

NYダウ平均は米国の主要業種の代表的な30の優良銘柄で構成された株価指数(インデックス)です。米国の代表的な30銘柄は、グローバル展開している優良企業ばかりなので米国経済だけを反映したものではなく、世界経済を反映した株価指数と言えます。 そんなNYダウ平均に投資して配当を複利運用したら将来の配当はいくらくらいになるのか確認してみました。

トライオートETFのおすすめ銘柄は?取り扱い銘柄をチェック!

トライオートETFは、CFDの仕組みを利用してETFを自動売買できるインヴァスト証券のサービスです。インヴァスト証券はFXの自動売買サービスでも有名で、シストレ24やトライオートFXも提供していますが、FXとは異なる動きをするETFで自動売買をするにはどんな銘柄がいいのか確認してみました。

トライオートETFのメリット・デメリット!利益を上げるには?

トライオートETFは、シストレ24やトライオートFXといったFXの自動売買サービスを展開しているインヴァスト証券のサービスの一つです。世界のETFを自動売買で毎日コツコツ積み上げる資産運用が可能とのことですが、実際どのような仕組みで、メリット・デメリットはどのような点があるのか確認してみました。

くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引に愛称で、日経平均やNYダウ、独DAX、英FTSE100といった株価指数を取引することができます。そんなくりっく株365を取り扱っている証券会社は複数ありますが、取引コストはどこが安く、どんなポイントで証券会社を選べばいいかまとめてみました。

FTSE100を複利運用して長期資産運用!毎月の配当金はいくら?

FTSE100はイギリスのロンドン証券取引所に上場されている株式のうち、時価総額の大きい100社を対象に構成された株価指数(インデックス)です。イギリスはGDPで世界第5位で国債の格付けはムーディーズでAa1と21段階中上から2番目と日本より信用度が高い国です。そんなイギリスに投資して配当を複利運用したら将来の配当はいくらくらいになるのか確認してみました。

NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!CFDはどう?

NYダウ平均は米国の株式市場の動向を示す株価指数で、ダウ工業株30種平均は最も有名な株価指数です。NYダウ平均は30銘柄のみで構成されていますが、その30銘柄の時価総額(558兆円)は、東証1部の全構成銘柄(約2,000社)の時価総額(497兆円)を上回る規模となっています。そんなNYダウ平均へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

FTSE100とは、イギリスのロンドン証券取引所に上場されている株式のうち、時価総額の大きい100社を対象に構成された株価指数(インデックス)です。100銘柄と聞くとちょっと少ないように思えますが、イギリス全上場企業の時価総額ベースで80%をカバーするほどの規模となっています。そんなFTSE100へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

岡三オンライン証券のくりっく株365の投資環境は最強か?

日経平均やNYダウといった株価指数に投資ができ、配当金ももらえるくりっく株365(取引所CFD)が注目され始めてますが、IPO投資で有名な岡三オンライン証券は投資ツールが充実していることでも知られています。そんな岡三オンライン証券では、くりっく株365でも投資環境を充実させているので、どんな内容なのか確認してみました。

CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

日経平均やNYダウ、金や原油など幅広く投資ができるのが魅力のCFDですが、実際どのような仕組みなのでしょうか?金や原油と聞くと商品先物のように、ハイリスクと思いがちですが実際にはFXと同じようなもので、リスクは自分でコントロールできます。CFDの取引の特徴や具体的なメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

日経平均やNYダウで配当と自動売買でこつこつ利益?M2J株価指数CFDとは?

日経平均やNYダウのようなインデックスへの投資は、投資信託やETFで可能ですが、マネースクウェア・ジャパンでは、FXの自動売買サービスであるトラリピを日経平均やNYダウなどのインデックスも対象とするサービスを行っています。自動売買でこつこつ利益を貯めることもできますが、日経平均やNYダウは配当金も貯めることができるのですがどんなサービス内容となっているのか確認してみました。