資産運用一覧

NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

2018年からつみたてNISA(積立NISA)が始まり資産運用や投資をする際に節税効果を得られる制度が、現行NISA、iDeCoに次いで選択肢が増えることになります。つみたてNISA、現行NISA、iDeCo(イデコ)はどのような違いがあり、どれを利用するのがおすすめでお得なのか比較してみました。

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が強化!どんなサービス内容?

2017年の法改正で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる対象者が大幅にふえ、加入するだけで、年利30%の利回り同様の節税効果がある投資方法ということもあり、投資をしたことがない方にも注目されています。楽天証券がコスト最安値で参入してきたと思ったら、すでにサービスを始めているSBI証券も負けじとサービス強化をしてきましたので、内容を確認してみたいと思います。

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリット・デメリットは?年利30%の投資手法?

確定拠出年金(401K)は2017年1月に法改正により加入資格が大幅に緩和されるので、今までは対象外であきらめてた方も是非チェックしてみてください。ただ、節税効果が最強の確定拠出年金にもやはりデメリットはありますので、ちゃんと理解した上でうまく活用していきたいところです。ここでは個人型確定拠出年金についてのメリット・デメリットを解説します。

楽天証券が確定拠出年金(iDeCo)に参入!SBI証券を一歩リードか?

ネット証券で確定拠出年金(401K)へ参入していたのはSBI証券のみで、その他は大手都市銀行や地方銀行、大手証券会社、生損保保険、ゆうちょ銀行などの金融機関でしか利用できませんでした。そのためコスト競争も起きておらず、選ぶならSBI証券とスルガ銀行の一騎打ちだったのですが、2017年の法改正を前に楽天証券も参入してきましたので内容確認してみました。

ジュニアNISAとは?成人版との違いやメリット、デメリットをまとめ!

2016年から始まったジュニアNISA制度は、未成年者を対象にしたNISA制度です。大人版と比べると制約があるので注意が必要ですが、制度を理解してうまく利用すれば家族内の非課税枠を大きく増やすことができ大きな節税につながる制度です。ここでは大人版NISAとの違いや、メリット、デメリットについてまとめてみました。

NISA(ニーサ)口座って変更できるの?デメリットはあるの?

NISAは2014年1月から始まった新しい制度「小額投資非課税制度」のことで既に口座を開いている方も多いかと思います。NISA口座は国内に1人1口座しか持てず、当初金融機関の変更ができなかったのですが、2015年から毎年条件を満たせば金融機関を変更することができるようになりました。 各金融機関のサービスも異なっているので有利な金融機関で取引しましょう。

円高円安に振り回されたくないあなたへ!安全・安心な投資先って?

円高や円安になると資産の変動が大きくなり、時にはマイナスになったりすると不安にになりますよね。資産運用の基本は長期投資なので、こういう場面はチャンスと思いたいですが銀行の普通預金や定期預金のような元本保証が当たり前の中で育ってきているので、なかなか資産運用に踏み出せない方も多いかと思いますので、円高や円安に振り回されない資産運用方法について紹介したいと思います。

NISAで非課税の設定してる?70%の人が損する設定らしいので注意!

NISAといえば今年から120万円まで枠が拡大し、その枠の中では通常20%課税されるところが非課税となるということで利用している方も多いでしょう。 ただこのNISAですが、設定を間違っていると株式の配当が非課税とならず、実に70%もの人が損する設定をしているらしいです。 3月末は配当が確定する銘柄が多いので、事前にチェックしておきましょう!

コアサテライト戦略とは?インデックス投資からステップアップ!

人気があるインデックス投資ですが、この投資法は一度積立設定をした後は基本的にはほったらかしとなるので暇な投資手法です。 インデックス投資からもう一段ステップアップしたい方はコアサテライト戦略という投資方針を検討してみてはいかがでしょうか? コアサテライト戦略とはどんな投資方針なのか解説してみたいと思います。

NISAとは?メリット、デメリットを理解して有効に使おう!

NISA口座って名前は知ってるけど実際のところメリット、デメリットを理解できてますか?資産運用や投資においてちゃんと活用することによって非常にメリットが大きいだけに面倒だとか思わずうまく活用したいところです。まだ活用できてない方、これから活用しようとしている方はメリット、デメリットを理解して有効に利用できれば将来のリターンが大きく変わりますよ!

アセットアロケーションのリバランスとは?リターンが良くなるかも?

アセットアロケーションを作成して投資をしても定期的な見直しが必要です。それをリバランスといいます。 バランスが崩れたまま資産運用をしていると、想定以上にリスクを取った運用となってしまいリターンが想定以上に得られなかったということもあり得ます。 ここではリバランスの必要性ややり方について解説します。

資産運用を始める初心者が気をつけたい3つのポイント!

資産運用が必要だからといきなりはじめて、銀行などですすめられた商品を購入して大損したなんてことを耳にします。資産運用は自分の資産状況に合わせたリスクやリターンを認識しなければいけませんし、本当に儲かる商品ならみんな買ってます。資産運用を失敗しないためにも自分自身で知識をつけ、気を付けたいポイントをまとめてみましたので参考にしてみてください。

資産運用の肝と言われるアセットアロケーションとは?

資産運用を始めるにあたって投資する商品というのはいろいろありますが、いくら何に投資すればいいのでしょう? ここで資産運用の指針となるのがアセットアロケーションで、投資の成果のほとんどがこのアセットアロケーションで決まると言われてます。 アセットアロケーションとは何なのか、具体的にどう決めるかについて紹介します。